東芝、ついにBlu-ray機器を発売へ——レコーダー/プレーヤー4機種を2月から | RBB TODAY

東芝、ついにBlu-ray機器を発売へ——レコーダー/プレーヤー4機種を2月から

IT・デジタル レコーダー

「D-B1005K」
  • 「D-B1005K」
  • 「D-B305K」
  • 「D-BW1005K」
  • 「SD-BD1K」
 東芝がBlu-ray市場に本格参入し、14日にレコーダー/プレーヤー4機種を発表した。それぞれ2月中旬から発売を開始する。

 今回発表されたのは、Blu-rayディスクレコーダー「D-B1005K」(1TB HDD)、「D-B305K」(320GB HDD)、VHS一体型Blu-rayディスクレコーダー「D-BW1005K」(1TB HDD)、Blu-rayディスクプレーヤー「SD-BD1K」。価格はオープンで、予想実売価格はD-B1005Kが130,000円前後、D-B305Kが100,000円前後、D-BW1005Kが140,000円前後、SD-BD1Kが25,000円前後。

 レコーダー3機種は地上・BS・110度CSデジタルチューナーを2基搭載。1TBの2モデルは、地上デジタルハイビジョン放送をMPEG4AVCに変換することで、最大約508時間、無劣化のDRモードで最大約127時間の録画を可能とした。

 AVCHD方式で記録したHDビデオカメラの映像をUSBケーブル/SDカードなどを介して保存が可能。また、DVDにハイビジョン記録が行なえるAVCRECを搭載した。デジタルハイビジョン放送の録画時間を約5.5倍にできるAEモードを利用することで、BD-R DLに約24時間のハイビジョン映像の記録が可能になるという。D-BW1005KはVHSからBlu-rayディスク/DVDへのダビングが可能だ。また、「レグザリンク」機能により、同社の液晶テレビ「レグザ」との手軽な連携を図った。

 プレーヤーのSD-BD1Kは「ディープカラー」出力に対応し、階調をよりなめらかに表現するという。AVCREC形式のディスクやAVCHD形式で記録されたDVDディスクを再生可能。SDカードを使用して、「BD-LIVE」でダウンロードしたコンテンツの保存や、SDカード内のJPEG、MP3、WMAといった静止画・音楽の再生にも対応する。

 D-B1005K/D-B305K/D-BW1005KともにHDMI出力、USB端子(外付けHDDには未対応)、LAN端子、SDカードスロットなどを装備。B1005K/B305Kの本体サイズは幅430×高さ61×奥行き318mm、重さはD-B1005Kが4.5kg、D-B305Kが4.3kg。D-BW1005Kの本体サイズは幅435×高さ100×奥行き399mm、重さは7.2kg。SD-BD1KはLAN端子、SDカードスロットなどを装備。本体サイズは幅435×高さ56×奥行き218mm、重さは2.3kg。
《小口》

関連ニュース

特集

page top