マウスコンピューター、IONプラットフォーム搭載で幅20mmの超小型デスクトップ | RBB TODAY

マウスコンピューター、IONプラットフォーム搭載で幅20mmの超小型デスクトップ

IT・デジタル ノートPC

「Lm-mini20」
  • 「Lm-mini20」
  • 「Lm-mini20」(液晶は別売り)
  • VESA取り付けキットで液晶と一体化(液晶は別売り)
 マウスコンピューターは、IONプラットフォームを搭載した幅20mmの超小型デスクトップ「Lm-mini20」を発売開始。BTOに対応し、Windows 7 Home Premiumモデルが34,860円〜、Windows 7 Professionalモデルが39,900円〜となる。

 同製品は、DirectX 10に対応するIONプラットフォームを搭載。1080p動画再生も可能とした。本体は幅が約20mmで、VESA取り付けキットを標準で同梱し、VESA規格対応のディスプレイの場合、背面に本体を設置可能。これにより、液晶一体型マシンとしての利用も可能となっている。

 BTOカスタマイズでは、OS、メモリ、HDD、SSD、外付けBlu-rayディスクドライブ、USB無線LANなどを選択可能。おもな基本仕様は、CPUがAtom 230(1.6GHz)、メモリが1GB(最大3GB)、HDDが160GB。インターフェースはUSB2.0×6/マイク/ヘッドホンなど。有線LANは1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T。本体サイズは幅20×高さ172.5×奥行き153.5mm。
《小口》

関連ニュース

特集

page top