インテル、32nmプロセスルール採用の新CPU全17製品を発表 | RBB TODAY

インテル、32nmプロセスルール採用の新CPU全17製品を発表

IT・デジタル ノートPC

新CPUのCore i7/i5/i3シリーズ
  • 新CPUのCore i7/i5/i3シリーズ
  • Westmereのダイ
  • Core i5
  • Core i5
 インテルは8日、32nmプロセスルールを採用したデスクトップ/ノート向けの新CPU全17製品を発表。同日から発売を開始した。

 インテルにとって、2010年は前世代のCoreマイクロアーキテクチャーからNehalemマイクロアーキテクチャーへの本格移行期にあたる。Nehalem採用のCPUは、2008年11月発売のデスクトップ向け「Bloomfield」(開発コード名。Core i7-9XXシリーズ)を皮切りに、2009年9月発売のデスクトップ向け「Lynnfield」(開発コード名。Core i7-8XXシリーズ、Core i5-750)、同月発売のノート向け「Clarksfield」(開発コード名。Core i7 -920XM/-820QM/-720QM)を既に発表済みだ。

 これまでのNehalem採用CPUは45nmプロセスルールに基づいていたが、今回発表された製品は、Nehalemマイクロアーキテクチャーを微細化した32nmプロセスルールのWestmere(開発コード名)を採用する。

 全製品がデュアルコアで、デスクトップ向けの開発コード名は「Clarkdale」、ノート向けの開発コード名は「Arrandale」。製品名一覧は、ClarkdaleがCore i5-670/-661/-660/-650、Core i3-540/-530。ArrandaleがCore i7-620M/-640LM/-620LM/-640UM/-620UM、Core i5-540M/-520M/-520UM/-430M、Core i3-350M/-330M。位置づけとして、Core i7をハイエンド、Core i5をスタンダード、Core i3を廉価版としている。

 全てに共通する特長として、グラフィックス機能とメモリ・コントローラーをCPUに内蔵した2チップ構成を採用。Intel HD Graphicsと名づけられたグラフィックス部分には45nmプロセスを採用し、メモリはDDR3のデュアルチャンネルをサポート。

 マルチタスクに効果を発揮するハイパースレッディング・テクノロジーを搭載し、1コアで2スレッド、2コアで4スレッドまでの処理を可能とした。また、Core i7とCore i5にはターボ・ブースト・テクノロジーを搭載。状況に応じて自動でオーバークロックを行なうことにより、より効率的で高速な作業をもたらすとうたう。加えてArrandaleではグラフィックス機能のIntel HD GraphicsにもDynamic Frequencyと呼ばれる自動オーバークロック機能が適用され、最大766MHzまでグラフィックスコアのクロックアップが可能となっている。

 併せて対応するチップセット「5シリーズ」も発表され、こちらはデスクトップ向けがH57/H55/Q57(ソケットサポートはLGA 1156)、ノート向けがQM57/QS57/HM57/HM55となる。

 各製品のおもな仕様は以下のとおり。

●Clarkdale(デスクトップ向け)

Core i5-670
・動作周波数:3.46GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:3.73GHz
・3次キャッシュメモリ:4MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1333
・TDP(熱設計電力):73W

Core i5-661
・動作周波数:3.33GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:3.6GHz
・3次キャッシュメモリ:4MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1333
・TDP(熱設計電力):87W

Core i5-660
・動作周波数:3.33GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:3.6GHz
・3次キャッシュメモリ:4MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1333
・TDP(熱設計電力):73W

Core i5-650
・動作周波数:3.2GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:3.46GHz
・3次キャッシュメモリ:4MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1333
・TDP(熱設計電力):73W

Core i3-540
・動作周波数:3.06GHz
・ターボ・ブースト・テクノロジー:非対応
・3次キャッシュメモリ:4MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1333
・TDP(熱設計電力):73W

Core i3-530
・動作周波数:2.93GHz
・ターボ・ブースト・テクノロジー:非対応
・3次キャッシュメモリ:4MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1333
・TDP(熱設計電力):73W

●Arrandale(ノート向け)

Core i7-620M
・動作周波数:2.66GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:3.33GHz
・3次キャッシュメモリ:4MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1066
・TDP(熱設計電力):35W
・グラフィックスコア動作周波数(定格/最大):500MHz/766MHz

Core i7-640LM
・動作周波数:2.13GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:2.93GHz
・3次キャッシュメモリ:4MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1066
・TDP(熱設計電力):25W
・グラフィックスコア動作周波数(定格/最大):266MHz/566MHz

Core i7-620LM
・動作周波数:2GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:2.8GHz
・3次キャッシュメモリ:4MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1066
・TDP(熱設計電力):25W
・グラフィックスコア動作周波数(定格/最大):266MHz/566MHz

Core i7-640UM
・動作周波数:1.2GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:2.26GHz
・3次キャッシュメモリ:4MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-800
・TDP(熱設計電力):18W
・グラフィックスコア動作周波数(定格/最大):166MHz/500MHz

Core i7-620UM
・動作周波数:1.06GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:2.13GHz
・3次キャッシュメモリ:4MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-800
・TDP(熱設計電力):18W
・グラフィックスコア動作周波数(定格/最大):166MHz/500MHz

Core i5-540M
・動作周波数:2.53GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:3.06GHz
・3次キャッシュメモリ:3MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1066
・TDP(熱設計電力):35W
・グラフィックスコア動作周波数(定格/最大):500MHz/766MHz

Core i5-520M
・動作周波数:2.4GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:2.93GHz
・3次キャッシュメモリ:3MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1066
・TDP(熱設計電力):35W
・グラフィックスコア動作周波数(定格/最大):500MHz/766MHz

Core i5-520UM
・動作周波数:1.06GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:1.86GHz
・3次キャッシュメモリ:3MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-800
・TDP(熱設計電力):18W
・グラフィックスコア動作周波数(定格/最大):166MHz/500MHz

Core i5-430M
・動作周波数:2.26GHz
・ターボ・ブースト時最高周波数:2.53GHz
・3次キャッシュメモリ:3MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1066
・TDP(熱設計電力):35W
・グラフィックスコア動作周波数(定格/最大):500MHz/766MHz

Core i3-350M
・動作周波数:2.26GHz
・ターボ・ブースト・テクノロジー:非対応
・3次キャッシュメモリ:3MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1066
・TDP(熱設計電力):35W
・グラフィックスコア動作周波数(定格/最大):500MHz/667MHz

Core i3-330M
・動作周波数:2.13GHz
・ターボ・ブースト・テクノロジー:非対応
・3次キャッシュメモリ:3MB
・コア数/スレッド数:2/4
・対応メモリ:DDR3-1066
・TDP(熱設計電力):35W
・グラフィックスコア動作周波数(定格/最大):500MHz/667MHz
《小口》

関連ニュース

特集

page top