2010年のインターナショナルCESは「環境に優しい見本市」に | RBB TODAY

2010年のインターナショナルCESは「環境に優しい見本市」に

 米国家電協会(CEA)は、2010年1月7日〜10日まで米国ラスベガスにて開催される「2010インターナショナルCES」における、二酸化炭素排出量削減のための主要計画を発表した。

IT・デジタル ノートPC
2009年のCESの様子
  • 2009年のCESの様子
  • 2009年のCESの様子
  • 2009年のCESの様子
 米国家電協会(CEA)は、2010年1月7日〜10日まで米国ラスベガスにて開催される「2010インターナショナルCES」における、二酸化炭素排出量削減のための主要計画を発表した。

 「2010インターナショナルCES」は、世界最大規模の民生機器テクノロジーの見本市。今回CEAは、Earth Eraを公式のクリーンエネルギー・パートナーとして選択し、CESに関係するすべての設備の電力消費、二酸化炭素排出量の削減に向けて、Earth Eraの風力エネルギー源からGreen-e認証の再生エネルギーを供給するという。またCEAは、警備に当たるラスベガス市警に、電気自動車購入などの費用として5万ドルの寄付を行っている。

 「2010インターナショナルCES」は、2,500社を超える出展企業、世界140ヵ国からの11万人の参加者を見込む。期間中は30の異なった技術分野にまたがる2万以上の新製品が紹介される予定だ。また、250を超える会議セッションには、800人以上の産業界の専門家を迎える。
《小口》

関連ニュース

page top