Gateway、新型Atom搭載で実売4万円前後のネットブック | RBB TODAY

Gateway、新型Atom搭載で実売4万円前後のネットブック

IT・デジタル ノートPC

LT2100シリーズのホワイト
  • LT2100シリーズのホワイト
  • LT2100シリーズのレッド
  • EC140D-41Kの斜め
  • EC140D-41Kの天板
 日本エイサーは、Gatewayブランドより10.1V型ワイド液晶ネットブック「LT2100」シリーズと11.6V型ワイド液晶ノートPC「EC140D-41K」を発表。1月21日から順次販売する。価格はオープンで、予想実売価格は、LT2100シリーズが40,000円前後、EC140D-41Kが70,000円前後。

 LT2100シリーズは、Gatewayブランドのネットブック「LT」シリーズの中でWindows 7を搭載したモデル。ディスプレイは解像度1,024×600ピクセルの10.1V型ワイド液晶とし、本体サイズは幅258.5×高さ25.2×奥行き185mm、重さは3セル標準バッテリ搭載時で1.1kg。本体カラーはブラック/レッド/ホワイトの3色をラインアップする。

 OSは、画面表示やファイル検索などをシンプル操作で行なえるほか、起動がスピーディーなWindows 7 Starter。CPUは省電力タイプのAtom N450(1.66GHz)とし、3セル標準バッテリの連続駆動時間は約4時間。メモリは1GB(最大1GB)、HDDは250GB。通信機能は100Base-TX/10Base-TのLAN、IEEE802.11b/g/nの無線LANのほかBluetooth2.1を搭載する。

 インターフェースは、USB2.0×3/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/メモリカードスロット(SD/xD/MMC/RS-MMC/MS/MS PRO)など。直感的に指を動かすことで画面のスクロールや画像の拡大/縮小、画面のスライドなど操作できるマルチジェスチャー・タッチパッドを採用。30万画素webカメラを装備する。

 EC140D-41Kは、超低電圧版デュアルコアCPUを搭載しバッテリの連続駆動時間が8時間を超える「EC」シリーズの中で、11.6V型ワイド液晶ディスプレイ(解像度1,366×768ピクセル)を搭載したモデル。同ディスプレイサイズの従来品と比較して新たに光学ドライブとしてDVDスーパーマルチを装備している。

 おもな仕様として、OSはWindows 7 Home Premium(64ビット版)。CPUはCeleron SU2300(1.2GHz)、メモリは2GB(最大8GB)。HDDは250GB。LANは10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T、無線LANはIEEE802.11b/g/n、さらにBluetooth2.1を搭載。タッチパッドはマルチジェスチャーに対応する。

 インターフェースはHDMI/USB2.0×3/ミニD-sub15ピン/マイク/ヘッドホン/メモリカードスロット(SD/xD/MMC/MS/MS PRO)など。30万画素webカメラを搭載する。本体サイズは幅292×高さ28.5〜30×奥行き211.5mm、重さは6セル標準バッテリ搭載時に1.61kg。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top