キングジム、デジタルメモ「ポメラ」の上級モデル | RBB TODAY

キングジム、デジタルメモ「ポメラ」の上級モデル

 キングジムは、キーボードでのテキスト入力機能に特化したデジタルメモ「ポメラ」の新製品として、液晶ディスプレイのサイズを5型に大きくし、テキスト編集機能を強化した「DM20」を発表。12月11日から販売する。価格は34,650円。

IT・デジタル その他
DM20
  • DM20
  • DM20 カラーバリエーション
  • DM20 付け替えパネルほか
  • 製品イメージ
  • 製品イメージ
 キングジムは、キーボードでのテキスト入力機能に特化したデジタルメモ「ポメラ」の新製品として、液晶ディスプレイのサイズを5型に大きくし、テキスト編集機能を強化した「DM20」を発表。12月11日から販売する。価格は34,650円。

 ポメラは、文庫本サイズの本体に17mmキーピッチの折りたたみ式キーボードを装備し、電源を入れてから約2秒で起動する、いつでもどこでもテキスト入力でメモがとれることを特長とした新感覚のデジタルツール。DM20は、2008年11月に発売された「DM10」の上級モデルとなる。

 DM20はDM10と比較し、搭載するモノクロ液晶ディスプレイが4型から5型へサイズアップした。さらに、記者や編集ライター、ブロガー(ブログ運営者・愛好者)など文章を各機械の多いヘビーユーザーにも対応できるようにテキスト編集機能を強化。内蔵フラッシュメモリへ保存できる文字数を増加し、DM10は最大8,000文字のファイルを6ファイルまで保存できたが、DM20では1ファイル当たり28,000文字で1,000ファイルまでの保存が可能となっている。また、1文あたり全角500文字以内の定型文が18種類まで登録できるように定型文登録機能を強化。指定文字数で改行する「自動改行設定」を追加している。

 そのほかの特長として、編集中のテキストを最大3,200文字までQRコードに変換できるようにし、携帯電話との連携が可能。最大5階層までの「フォルダ管理機能」や、capsキーとctrlキーを入れ替える「キーバインド設定」、insキーと前候補キーに別の機能を割り付けられる「キー割付設定機能」、30種類の「ATOKオプション辞書」などさまざまな機能を搭載している。

 おもな仕様として、対応OSは、Windows 7(32ビット)/Vista/XP。内蔵フラッシュメモリの容量は約89MB。インターフェースはUSB/メモリーカードスロット(最大2GBのmicroSDカード/最大16GBのSDHCに対応)。バッテリは単4形乾電池×2(アルカリ/エネループ、別売)で、PC接続時はUSBバスパワー。本体サイズは、折りたたみ時で幅100×高さ33×奥行き145mm、使用時で幅110×奥行き250mm。重さは約370g(乾電池除く)。本体カラーはリザードブラック/バイソンブラウンの2色を用意。付属品は、USBケーブル(50cm)/内蔵電池。

 また、別売りとしてDM20専用着せ替えパネル「DMS20」を用意。パネルカラーは、リザードホワイト、カリフォルニアレッド、レーシングカーボンの3色。12月11日から発売開始。価格は3,150円。ほかにも、液晶保護フィルムとクリーニングクロスがセットになったDM20専用保護キット(2,100円)、覗き見防止シート(3,675円)も同日から販売を開始する。
《》

関連ニュース

特集

page top