エンティス、Blu-rayディスク再生に対応するネットワークメディアプレーヤーキット | RBB TODAY

エンティス、Blu-rayディスク再生に対応するネットワークメディアプレーヤーキット

IT・デジタル ノートPC

「PopcornHour C-200」
  • 「PopcornHour C-200」
  • インターフェース各部
 エンティスは29日、ネットワークメディアプレーヤーキット「PopcornHour C-200」を発表。直販サイトにて予約販売の受け付けを開始した。出荷は11月上旬予定。直販サイトの価格は37,800円。

 同製品は、ホームネットワークに接続し、PC上に保存した静止画や動画などのデジタルコンテンツを大画面テレビやステレオで楽しむことが可能。ただしHDD、光学ドライブは別途購入して装着する必要がある。

 Blu-ray再生対応の専用回路を内蔵。ドライブベイは2.5型HDDベイ/5.25型ベイを装備し、5.25型ベイにはBD-ROMドライブ、DVD-ROMドライブ(いずれも書き込みには対応せず)といった光学ドライブのほか、3.5型HDD用トレイを使用してHDDを搭載することも可能だ。

 チップセットには最新のSigma Designs製「SMP8643」を搭載。同社の既存モデルに比較して処理速度が大幅に向上し、音楽再生、web閲覧、静止画検索などのマルチタスクが可能になったという。また、ドルビーデジタルプラス(DD+)、ドルビーデジタルロスレス(Dolby True HD)、DTS-HDのビットストリーム出力/デコード出力にも対応し、HDオーディオデコード非対応のアンプに接続した場合も、高い品質のサラウンド音声を体感できるとうたう。

 ボディ前面に194×64ピクセルの液晶ディスプレイを装備し、メニューの視認が行なえる。対応する動画圧縮方式はH.264、MPEG1/2/4、WMV9、VC-1、XViDなど、音声圧縮方式はAAC、MP3、WMA、FLAC、Vorbisなど。インターフェースはHDMI、コンポジット、S端子、光デジタル音声出力ほか。LANは1000CASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tに対応する。本体サイズは幅425×高さ80×奥行き290mm、重さは約3.7kg。ACアダプタ、HDMIケーブル、リモコンなどが付属。
《小口》

関連ニュース

特集

page top