ソフトバンクなどによる「ナビポータル」、あらたに三井物産が参画 | RBB TODAY

ソフトバンクなどによる「ナビポータル」、あらたに三井物産が参画

エンタープライズ その他

「ナビポータル」サイト(画像)
  • 「ナビポータル」サイト(画像)
 ソフトバンクグループ、パイオニア、およびインクリメントPは19日、自動車向け通信サービス事業「ナビポータル」に対し、三井物産があらたに出資することで合意した。

 ナビポータルは、2008年9月より、ソフトバンクモバイルの移動体通信ネットワークとパイオニアのカーナビゲーションシステム、インクリメントPの位置情報サービスおよび各種コンテンツを利用し、カーナビゲーション、PCサイト、携帯電話の連携によるテレマティクスサービスのプラットフォームを提供する事業。今回の三井物産の参画により、株主構成はソフトバンクグループ40.5%、パイオニア36.8%、三井物産18.9%、インクリメントP3.8%となる。

 「テレマティクス」は自動車などの移動体向けの情報提供サービスの総称。ナビポータルでは、現在パイオニア製カーナビゲーション「Air Navi」を通してナビポータルサービスを提供している。同社では、コンシューマー向けサービスに加え、ビジネスソリューションの提供へと事業拡大を指向していたが、今回の三井物産の参画により、三井物産が進めているカーシェアリング事業に代表される次世代モビリティ運営事業などとの連携により、事業の拡大スピードを上げるとともに、より充実したサービスをユーザー向けに提供していくとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top