パイオニア、iPodデジタル接続対応のデジタルスピーカーシステム | RBB TODAY

パイオニア、iPodデジタル接続対応のデジタルスピーカーシステム

IT・デジタル その他

NAS5(メタリックシルバー)
  • NAS5(メタリックシルバー)
  • NAS5(メタリックブラック)
  • NAS5(ルベライトレッド)
 パイオニアは15日、iPod用デジタルスピーカーシステム「NAS5」を発表。11月中旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は50,000円前後。

 同製品は、拡大の一途をたどるiPod市場に向けて投入されたもの。従来のiPod用スピーカーシステムは、iPod内部でのデジタルからアナログに変換していたオーディオ信号をアナログ入力していたが、NAS5はiPodから直接デジタル出力されたオーディオ信号を入力するiPodデジタル接続に対応。これにより、デジタル伝送による高音質な音楽再生が楽しめるという。

 スピーカーはサブウーファーを含んだ3ウェイシステムを採用し、2.1chのパワフルな再生に対応。独自のDSP(デジタル信号処理)を用いた「アドバンスドサウンドレトリバー機能」により、圧縮された音楽データをCD並みの音質で楽しむことも可能だ。

 そのほか、第5世代iPod nanoで撮影した動画を、コンポーネント出力/コンポジット出力経由でテレビに接続して視聴が可能。静止画(JPEG)の再生にも対応する。また、iPod touchでネット接続すれば、YouTube動画もテレビで楽しめるという。

 本体カラーはメタリックシルバー/メタリックブラック/ルベライトレッド。実用最大出力は左右が15W×2、サブウーファーが30W。スピーカーはミッド/ツイーターが5.2cmコーン型/2.6cmセミドーム型。サブウーファーが10cmコーン型。再生周波数帯域は50〜30,000Hz。FMチューナーの受信周波数は76〜90MHz。入出力端子はオーディオ入力/コンポーネント映像出力/コンポジット映像出力など。本体サイズは幅420×高さ148×奥行き210mm、重さは5kg。リモコン、FM簡易アンテナ、電源コードなどが付属。

 なお、対応iPodは第3世代以降のiPod nano、iPod classic、iPod touchで、音声および映像の再生が可能。第2世代iPod nanoは音声の再生に対応し、「機内モードON」にすることで、iPhone/iPhone 3G/iPhone 3GSでも音楽再生を可能とした。
《小口》

関連ニュース

特集

page top