Googleストリートビュー、対象エリアをはじめて拡大 〜 長崎・旭川など | RBB TODAY

Googleストリートビュー、対象エリアをはじめて拡大 〜 長崎・旭川など

ブロードバンド その他

「Google マップ - ストリートビュー」サイト(画像)
  • 「Google マップ - ストリートビュー」サイト(画像)
  • ストリートビューの対象地域比較
  • 施設内も移動・閲覧可能に(旭川動物園)
 グーグルは8日、日本におけるストリートビューサービスを開始して以来、はじめての対象エリア拡大を行った。

 Googleストリートビュー(GSV)は2008年8月に、札幌、小樽、仙台、東京、千葉、さいたま、横浜、川崎、鎌倉、大阪、京都などの都市圏を対象にスタート。今回のエリア拡大では、旭川、富良野エリア、名古屋エリア、沖縄エリア、南西諸島の一部エリア、長崎、佐世保エリアが含まれることとなった。

 また、今年5月に発表された、施設の運営者から申し込みがあった場所をストリートビューで紹介するサービスについても拡充された。対応施設は、旭山動物園(旭川)、札幌ドーム(札幌)、円山動物園(札幌)、北海道大学(札幌)、北大植物園(札幌)、モエレ沼公園(札幌)、中島公園 (札幌)、芸術の森野外美術館(札幌)、滝野すずらん丘陵公園(札幌)、羊ヶ丘展望台(札幌)、北海道開拓の村(札幌)、真駒内公園(札幌)、スカイウェイカントリークラブ(成田)、ハウステンボス(長崎)。「Google マップ - ストリートビュー」サイトでは各地への直接リンクなどが用意されている。

 グーグルでは、個人情報保護およびプライバシーなどに対する配慮の要請に対応した施策を発表しており、今回のエリア拡大に際しても、対象地域の人たちとのコミュニケーションを最重要視して進めてきたとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top