東芝、「CELLプラットフォーム」を採用した液晶テレビの新たな旗艦モデル「CELL REGZA 55X1」 | RBB TODAY

東芝、「CELLプラットフォーム」を採用した液晶テレビの新たな旗艦モデル「CELL REGZA 55X1」

IT・デジタル テレビ

CELL REGZA 55X1
  • CELL REGZA 55X1
  • CELL REGZA 55X1(ディスプレイ部)
  • CELL REGZA 55X1(チューナー部)
  • 「ローミングナビ」
  • 「8画面マルチ表示」
 東芝は5日、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ(REGZA)シリーズ」の新商品として「CELL REGZA 55X1」を発表。12月上旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は100万円前後。

 同製品は、ディスプレイ部とチューナー部に分かれ、リモコンを含め、アルマイト処理を施したアルミとスモーク素材により、統一した素材感を持った高級感のあるデザインを採用。同社では、レグザシリーズの新たなフラッグシップモデルとして位置づけている。

 大きな特長として、「Cell Broadband Engine」を搭載した「CELLプラットフォーム」を世界で初めて採用。CELLプラットフォーム超解像技術は、従来の再構成型超解像技術を施した映像に対して、さらに自己合同性による超解像処理を行なうというもの。エッジ部に対する自己合同性を用いた超解像処理、色に対する超解像処理、インターネット映像やアニメーションに対する超解像処理に対応することで、正確な補正や画面全体の精細感の向上、輪郭部のノイズの低減などを実現した。また、従来のレグザシリーズに比べ143倍の演算処理能力を実現している。

 CELLプラットフォームを反映するための液晶ディスプレイとしては、新開発の高輝度LEDバックライトを採用した「メガLEDパネル」を搭載。ピーク輝度が1,250cd/m2、ダイナミックコントラスト比500万:1を実現したほか、ディスプレイ画面を512分割(16×32区分)して、緻密な制御を実現するLEDブロックアレイを採用。従来の96分割に比べて、より細かいコントロールが可能になったことで、キレの良い映像表現を可能にしたという。

 また、1秒で120枚の映像を映し出す「倍速機能」に加えて、エリアを分割してバックライトを点滅させることで、人の目に記憶された1枚前の残像を低減する「Wスキャン倍速」機能を搭載。色温度センサを追加した「おまかせドンピシャ高画質3」によって、日中の日差し、夕日、室内照明といった光をリアルタイムに分析し、LEDバックライト制御などの画質設定を自動的に行い、最適な画質をもたらすという。

 HDDは3TBを内蔵。2TB分を「タイムシフトマシン」用、1TB分を「通常録画」用と、用途別に使い分けることが可能となっている。タイムシフトマシンでは、8個の専用地上デジタルチューナーを搭載し、最大8チャンネル分、過去約26時間分の番組を2TBの容量に保存することができる。また、リモコンの「タイムシフトマシン」ボタンを押すことで録画した番組を過去番組表として表示することが可能で、見忘れてしまった番組を簡単に検索できる仕組みになっている。

 地上デジタル番組を視聴しながら、同時に2番組を通常録画用の1TBに録画できる「地デジ見ながらW録」を搭載。さらにUSB HDDをハブを利用することなく2台まで同時接続が可能。これにより、例えば2TBのUSB HDDを同時に2台接続した場合、内蔵HDDと合わせて地上デジタル番組を約730時間録画できる。

 番組視聴システムの特長としては、番組に関連性を見出して検索できる「ローミングナビ」を搭載。選択した番組のサムネイルを画面中央に表示し、タイトル、人物、ジャンル、キーワード別に関連のある番組のサムネイルを環状に表示することで、一覧から番組を検索することが可能となった。そのほか、あらかじめ設定した地デジ放送(最大8チャンネル)をスムーズに切り替え可能な「地デジ高速チャンネル選局」、従来のダブルウインドウ表示を進化させた「8画面マルチ表示」など、多彩な機能を装備した。

 スピーカーメーカーのフォスター電機と共同開発したウーファー(低音域用スピーカー)とツィーター(高音域用スピーカー)を装備し、アルミによるバスレフ方式の高剛性エンクロージャーで外装した「CELLレグザ」専用スピーカーシステムを搭載。付属の「CELLレグザリモコン」は2段スライド形状を用い、ノートPCなどで採用されているタッチパッドを装備するなど、操作性の向上を図った。DLNA(DMP)、「ひかりTV」や「アクトビラ ビデオ・フル」など映像配信サービスなどネットワーク対応も充実させ、webブラウザには「Opera」を標準搭載している。

 おもな仕様は以下のとおり。

●CELL REGZA 55X1

・HDD:3TB
・チューナー:地上デジタル×11/地上アナログ/BS・110度CSデジタル×3
・液晶ディスプレイ:55V型(1,920×1,080ピクセル)
・ダイナミックコントラスト:500万:1
・ピーク輝度:1,250cd/m2
・視野角:上下左右178度
・音声出力:20W×2(ウーファー)/10W×2(ツィーター)
・インターフェース(ディスプレイ部):HDMI/D5/AV/USB2.0/ヘッドホン
・インターフェース(チューナー部):HDMI×5/D5/S2/AV×3/光デジタル音声出力/SDカードスロット/B-CASカードスロット/USB2.0×3(汎用×1、録画専用×2)/LAN/電話回線など
・本体サイズ(ディスプレイ部):幅133.3×高さ96.3×奥行き40.2cm(スタンド装着時)
・本体サイズ(チューナー部):幅43.6×高さ10.9×奥行き38.7cm(突起部含まず)
・重さ:44kg(ディスプレイ部、スタンド含む)/10.5kg(チューナー部)
《小口》

関連ニュース

特集

page top