NTTデータ、インフルエンザなど緊急時在宅勤務を支援 〜 携帯電話版OTPの新ラインナップを提供開始 | RBB TODAY

NTTデータ、インフルエンザなど緊急時在宅勤務を支援 〜 携帯電話版OTPの新ラインナップを提供開始

 NTTデータは18日、ワンタイムパスワード認証の携帯電話版ソフトウェアトークンと認証サーバアプライアンス製品「RSA SecurID Appliance」をセットにした商品の販売を開始した。

エンタープライズ その他
「RSA SecurID」の「BizEmotion OTP Enterprise Edition」携帯電話版トークン(イメージ)
  • 「RSA SecurID」の「BizEmotion OTP Enterprise Edition」携帯電話版トークン(イメージ)
 NTTデータは18日、ワンタイムパスワード(OTP)認証の携帯電話版ソフトウェアトークン「BizEmotion OTP Enterprise Edition」のあらたなラインナップとして、認証サーバアプライアンス製品「RSA SecurID Appliance」を追加し、携帯電話版ソフトウェアトークンとのセット商品として、販売を開始した。

 携帯電話版ソフトウェアトークンは従来のキーホルダー型などハードウェアトークンと比べ、簡易に短期間で導入できる特長がある。さらに今回取り扱いを開始した「RSA SecurID Appliance」は、アプライアンス商品は認証サーバソフトインストール済みのハードウェアとなり、顧客で個別にサーバを準備する必要がなく、認証サーバについても簡易で短期間の導入が可能になる。さらにネットワーク機器(ファイアーウォールやVPNルータなど)がSecurIDに対応していれば簡単な設定で導入可能となる。またトークンが携帯電話上のアプリケーションのため、物理的なトークンの配布ではなく利用者側のダウンロードで実現するため管理者側の負荷を軽減し、短時間で環境を構築できる。ハードウェアトークンとの併用も可能。ソフトウェアトークンは利用者が常に携帯している携帯電話上で動作するアプリケーションであるため、物理的なハードウェアを持ち運ぶ必要がない。

 これらのセット提供により、ワンタイムパスワード認証システムを短期間で新規導入できるため、インフルエンザなどで緊急に在宅勤務(テレワーク)を行う必要がある場合のセキュリティー対策として有用とのこと。NTTデータでは小規模オフィスや事業所単位での導入がしやすいように、100人以下、250人以下の利用者向け商品を用意し提供、本セット商品を今年度年間50社へ導入し、1億円の販売を目指すとしている。

 サービス標準価格(税抜)はAppliance+100ユーザーが250万円〜、Appliance+250ユーザーが500万円〜。いずれも携帯電話版ソフトウェアトークン有効期限は3年。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top