ドコモ、BlackBerry向けに有料アプリを提供開始 〜 日本語アプリの流通量拡大へ | RBB TODAY

ドコモ、BlackBerry向けに有料アプリを提供開始 〜 日本語アプリの流通量拡大へ

 NTTドコモは17日、BlackBerry端末向けに有料アプリケーションを提供することを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 提供される有料アプリケーション
 NTTドコモは17日、BlackBerry端末向けに有料アプリケーションを提供することを発表した。10月6日から提供を開始する。

 今回提供されるアプリケーションは、「セキュリティアシスト パーソナル」(アイエスピー)、「ソリティアでらっくす」(ワーカービー)、「スーパーヤムヤム2」(ワーカービー)、「Aces Of The Luftwaffe」(ワーカービー)など、8製品。購入料金の支払いはクレジットカード決済のみ。BlackBerry端末から「ドコモスマートフォンサイト」にアクセスし、ユーザー登録を行うことで、アプリケーションの購入およびダウンロードが可能となる。

 これまでBlackBerry向けのアプリケーションの提供については、海外サイトにおける外国語のアプリケーションが中心だったが、今回の取組みにより、国内外のアプリケーションプロバイダーとの関係を強化することで、BlackBerry向けの日本語アプリケーションの流通量を拡大させるとのこと。また、ビジネス向けのアプリケーションを中心に、様々なジャンルのアプリケーションを取り揃えていくことで、あらゆる顧客の要望に応えるとしている。なお、10月6日〜10月10日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2009」のドコモブースにて、これらの有料アプリケーションの紹介が行われる予定だ。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top