ソニー、フルHDパネル「SXRD」を搭載したビデオプロジェクター2モデル | RBB TODAY

ソニー、フルHDパネル「SXRD」を搭載したビデオプロジェクター2モデル

 ソニーは15日、ビデオプロジェクター「VPL-VW85」、「VPL-HW15」の2モデルを発表。10月25日から発売する。価格はVPL-VW85が630,000円、VPL-HW15が350,000円前後。

IT・デジタル テレビ
VPL-VW85
  • VPL-VW85
  • VPL-VW85(背面)
  • VPL-HW15
 ソニーは15日、ビデオプロジェクター「VPL-VW85」、「VPL-HW15」の2モデルを発表。10月25日から発売する。価格はVPL-VW85が630,000円、VPL-HW15が350,000円前後。

 VPL-VW85はハイエンドモデル。滑らかな高精細映像を可能にする同社独自のフルHDパネル「SXRD」と、光の量を自動制御する新開発の「アドバンストアイリス3」を搭載。これにより、コントラスト比120,000:1を実現した。

 従来の3管式プロジェクターの画質調整機能を継承することで、より高度な画質調整が可能。黒補正機能を7段階調整に増やしたほか、同じ補正段階に対応した白補正機能も追加された。また3種類のシネマモードを搭載し、好みの色合いや濃さに調整することができる。

 独自の動画応答改善技術「モーションエンハンサー」の採用により、残像感の少ないクリアな映像表現が可能。映像エンジンには同製品のハイフレームレートに合わせて最適化したフルデジタルの高画質回路「ブラビアエンジン2」を搭載し、Blu-rayディスクなどのハイビジョン映像を高精細で楽しめるという。

 200Wの高圧水銀ランプにより、メリハリのある明るい映像を実現。再現が難しいとされてきた白や赤の色表現向上を図り、より忠実な色味に近づけることができたという。また、ファンの低回転化によって、約20dBの静音設計とした。付属のリモコンには、シャープネス/明るさ/コントラスト/シネマモード1/2/3を直接調整、選択可能なダイレクトキーを配置し、使い勝手に配慮している。

 VPL-HW15はエントリーモデル。VPL-VW85同様、SXRD、アドバンストアイリス3を搭載し、コントラスト比60,000:1を実現した。ファンノイズは約22dBと、こちらも静音設計となっている。また、リモコンの操作性もVPL-VW85を踏襲し、両モデルともにHDMIケーブル接続を用いて「ブラビアリンク」に対応する。

 おもな仕様は以下のとおり。

●共通仕様
・光源用ランプ:200W 高圧水銀ランプ
・投影サイズ:40〜300型(対角16:9)
・インターフェース:ビデオ入力/Sビデオ入力/コンポーネント入力/HDMI入力×2/ミニD-sub15ピンなど
・付属品:リモコンなど

●VPL-VW85
・レンズ:1.6倍ズーム(オート)
・焦点距離:f18.5〜29.6mm
・開放F値:F2.5〜3.4
・輝度:最大800ルーメン
・コントラスト比:最大120,000:1
・本体サイズ:幅470×高さ179.2×奥行き482.4mm
・重さ:約12kg

●VPL-HW15
・レンズ:1.6倍ズーム(マニュアル)
・焦点距離:f18.5〜29.6mm
・開放F値:F2.5〜3.4
・輝度:最大1,000ルーメン
・コントラスト比:最大60,000:1
・本体サイズ:幅407.4×高さ179.2×奥行き463.9mm
・重さ:約10kg
《小口》

関連ニュース

特集

page top