デルとマイクロソフト、エンタープライズ分野のソリューション提供で協業を強化 〜 Windows 7対応、UC、仮想化など | RBB TODAY

デルとマイクロソフト、エンタープライズ分野のソリューション提供で協業を強化 〜 Windows 7対応、UC、仮想化など

エンタープライズ その他

 デルとマイクロソフトは7日、両社の製品を組み合わせたエンタープライズ分野のソリューション提供で協業を強化すると発表した。

 両社は、企業の生産性向上と長期的な競争力強化を目指す「データセンターの仮想化インフラ」「ユニファイド・コミュニケーション」「デスクトップ環境の最適化」「データベースマネジメント」の4つを協業の注力分野とし、エンタープライズ分野での協業チームを組織するほか、セミナー、案件の提案やシステム構築支援などを共同で実施する。

 「データセンターの仮想化インフラ」では、製造業、金融、サービス業などの大企業を対象に、デルが提供するシステム運用管理ツール「Dell OpenManage」のハードウェア管理機能を、マイクロソフトの運用管理ソフト 「System Center」へ統合する。

 「ユニファイド・コミュニケーション」(UC)では、マイクロソフトのOffice Communications Server 2007 R2とExchange Server 2010およびExchange Server 2007を、企業ユーザーのメッセージング環境に合わせて、デルのコンサルティングサービス「プロ・コンサルト」で一括設計および構築する。デルの東日本支社内(東京・港区)に設置されたデル ソリューション・イノベーション・センターに、ユニファイド・コミュニケーションのデモ環境を完備し、顧客への提案から導入までをサポーする。

 「デスクトップ環境の最適化」では最新のクライアントOS「Windows 7」を中心に、大規模なクライアントPCの運用上の課題解決や、生産性や利便性の向上を実現するクライアント環境の最適化や仮想化を、デルのプロ・コンサルトを用いて実施する。ワークショップや、Windows 7移行に関する社内環境アセスメント、Application Compatibility Reportを作成し、Windows7対応評価結果を報告する(サービス名:ACF PoCサービス)などのコンサルティング・サービスをデルが提供する。またデルソリューション・イノベーション・センターにデモ環境を完備する。

 「データベースマネジメント」ではERPやECサイトなどのデータベース環境におけるUNIXプラットフォームからのWindowsプラットフォームへの移行を促進し、企業ユーザーのシステム保守費用や消費電力の削減を支援する。また、大規模企業向けビジネス・インテリジェンス(BI)プラットフォームとして、マイクロソフトのデータベース製品「SQL ServerR 2008」とデルのサーバを組み合わせた検証済み構成の製品「SQL Server Fast Track Data Warehouse」を提供する。また中小規模向けビジネス・インテリジェンスソリューションをメニュー化して提供する。また、さらに、プロ・コンサルトを通して、アセスメントサービスをはじめ、さまざまなサービスを提供する。

 なお、今回のソリューションメニュー提供にあたって、デルは、マイクロソフト認定のラージアカウントリセラーとして、ボリュームライセンスプログラムにて提供するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top