新型成田エクスプレス(E259系)、車内で公衆無線LANサービスが利用可能に | RBB TODAY

新型成田エクスプレス(E259系)、車内で公衆無線LANサービスが利用可能に

エンタープライズ モバイルBIZ
車内インターネット接続サービス構成概要図
  • 車内インターネット接続サービス構成概要図
  • 車内インターネット接続サービス区間
 JR東日本は2日、新型成田エクスプレス(E259系)車内において、公衆無線LANによるインターネット接続サービスを提供することを発表した。10月1日より提供開始となる。

 UQコミュニケーションズの提供する「UQ Wi-Fi」、およびそのローミング接続を利用したソフトバンクテレコムの「BBモバイルポイント」によるもの。なおUQ Wi-Fiは「UQ WiMAX」の契約者に対する無線LANの無料オプションサービスとなる。

 現在UQ Wi-Fiは東海道新幹線、都営地下鉄、空港ラウンジなどで利用可能となっており、それにE259系の車内(成田エクスプレス運転区間全線、トンネル区間を除く)が加わることとなる。利用には「UQ Wi-Fi」または「BBモバイルポイント」との事前契約が必要。

 本サービスを提供するための車上装置(「WiMAX/Wi-Fiレピータ」)は、京セラ、JR東日本が製造および試験協力を行ったもので、「WiMAX/WiMAXレピータ」と共に列車などの車両に搭載され、移動中にもより快適な高速モバイルブロードバンドが利用可能となるほか、各車両に設置した大型液晶案内装置への大容量情報伝送に、2010年2月頃からWiMAXを活用する予定とのこと。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top