オンキヨー、iPod/PC音源の高純度デジタル伝送を実現したシステムコンポ | RBB TODAY

オンキヨー、iPod/PC音源の高純度デジタル伝送を実現したシステムコンポ

IT・デジタル その他

「X-S1」/「ND-S1」
  • 「X-S1」/「ND-S1」
 オンキヨーは24日、CD/FMチューナーアンプシステム「X-S1」、デジタルメディアトランスポート「ND-S1」を発表。9月19日から発売する。価格はオープンで、X-S1が50,000円前後、ND-S1が20,000円前後。

 同社では、両製品を組み合わせたシステムを「NRX」という呼称で展開。このシステムにより、iPodとPCの音源を高い純度のままデジタル伝送する世界初のシステムコンポを実現したという。PCとiPodの同時接続時には、同期モードに切り替えることでiTunesから楽曲を入れ替えることが可能。また、ND-S1がスタンバイ状態の場合でも、iPod充電が行なえる。ND-S1を単独で利用する場合は、デジタル入力対応のオーディオシステムが必要となる。USB端子はPC接続専用。

 X-S1のアンプには、同社のフルサイズコンポに採用されるデジタルアンプ技術「VL Digital」アンプを搭載。高品位なアンプ回路により、コンパクトサイズながら緻密なサウンド再生を可能にした。

 スピーカーには、高級単品スピーカー用に開発された「8cm A-OMFモノコックウーファー」を採用し、躍動感のある低音再生を実現。また、「2cmバランスドームツィーター」により伸びやかな高域再生も可能となっている。加えてキャビネット内部の空気振動を外部に放出するバスレフダイレクト部分に、独自の「AERO ACOUSTIC DRIVE」を採用し、聴き応えのある低音再生ができるという。

 X-S1本体部のサイズは幅205×高さ88×奥行き320mm、スピーカー部のサイズは幅116×高さ195×奥行き186mm(1台)。重さは本体部が約4.2kg、スピーカー部が約1.8kg(1台)。ND-S1の本体サイズは幅205×高さ34×奥行き175mm、重さは530g。インターフェースはUSB/専用RI/ビデオ出力/光デジタル音声出力/同軸デジタル音声出力。対応OSはWindows Vista/XP。対応iPodは第1〜2世代iPod touch/第2〜4世代iPod nano/iPod classic。第1世代iPod nanoと第5世代iPodも対応するが、再生中にiPod本体のクリックホイールが機能しなくなる制限がある。
《小口》

関連ニュース

特集

page top