フルノシステムズ、PDA型モバイル情報端末「finpad700i」を発売 | RBB TODAY

フルノシステムズ、PDA型モバイル情報端末「finpad700i」を発売

エンタープライズ モバイルBIZ

「finpad700i」外観(※デザイン、仕様が変更する可能性あり)
  • 「finpad700i」外観(※デザイン、仕様が変更する可能性あり)
  • 「finpad700i」仕様
 フルノシステムズは1日、カラー大画面で視認性の高いPDA型のタッチパネル対応 モバイル情報端末「finpad700i」を8月中旬に発売すると発表した。

 「finpad 700i」は業務用無線LAN市場に向けたモバイル情報端末となる。ベストセラー機である「finpad700f」と同様に、Linux共通プラットフォームを採用。テキストベースの業務情報以外に、イメージ情報などを活用できる視認性の高いモバイル情報端末となっている。マーケットにおいては、従来の物流、流通以外にFA、医療などのPDA端末市場を狙った、汎用的な機種となる。

 「finpad700i」では3.7インチVGA(480×640ドット)高精細カラーLCDを採用。また、自動輝度調整により、他社製品に比べ、高視認性・高精細表示を実現した。また従来機よりも重量が軽く重量バランスに優れ、手にフィットした形状となっている。キートップに、ユニバーサルデザイン対応で視認性や判読性の高いUDフォントを採用し、作業者のストレスを軽減する仕様になっている。耐環境性も向上しており、タッチパネルの強化、落下性能の向上、防抹構造の採用、使用温度領域の拡大が行われているとのこと。RoHSにも対応する。

 フルノシステムズは、無線ハンディターミナル、アクセスポイント、無線LAN管理ソフトなどの業務用無線LANシステムを扱う企業で、物流・流通・FA分野を始めとする業務用分野でさまざまな企業情報システムのサポートを手掛けている。無線ネットワーク管理システム「UNIFAS(ユニファス)」も取り扱う。フルノシステムズでは、従来の物流、流通市場と併せて、FA市場、医療市場などの新規市場を取り込み、5000台/年を目標に現在機種(PDA型)の売上の2倍の拡大を目指すとのこと。発売価格は従来機(finpad500i)と同等。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top