デノン、入門用のハイ・コンポ「F」シリーズのチューナー・アンプ | RBB TODAY

デノン、入門用のハイ・コンポ「F」シリーズのチューナー・アンプ

IT・デジタル その他

DRA-F107
  • DRA-F107
 デノンコンシューマーマーケティングは、ハイ・コンポ 「F」シリーズのチューナー・アンプ「DRA-F107」を発表。7月中旬より発売する。価格はオープンで、予想実売価格は49,350円。

 同製品は、同社のCXシリーズで開発された出力回路を採用。ダイナミズムを失わない幅広い音楽性を可能にしたという。また、プリアンプ用電源回路と出力段用電源回路を独立して構成。出力段の動作電流による影響を排除した電源回路にすることで、小さい信号を扱うプリアンプ部分の解像度を高めている。

 内部ではデジタル信号/アナログ信号のステージを構造的に分離。信号同士の干渉を防ぎ、繊細な音からダイナミックな音まで再現可能。また、別売りのiPod用コントロールドック「ASD-3N/3W」を接続すれば、iPod再生、インターネットラジオ、PC保存の音楽データ再生もできる。フロントパネルにはアナログ入力端子を装備し、デジタルオーディオプレーヤーとの接続が可能になっている。また、CD/MD/カセットデッキ/レコードプレーヤーが接続可能なPHONO(MM)端子も備えた。FM/AMラジオ局を40局まで記憶し、システムリモコンによる呼び出しも可能だ。

 そのほか、毎日定時に鳴らす「エブリデイタイマー」ほかのタイマー機能、フロントディスプレイの明るさを3段階で調節可能な「ディマー機能」を装備。FシリーズのCDプレーヤー「DCD-F107」、MDレコーダー「DMD-F102」、カセットデッキ「DRR-F102」と組み合わせることで、シンクロ録音、タイマー再生、オートファンクション、オートパワーオンなどの操作連動が可能となる。また、スピーカシステム「SC-F107SG」の特性に沿って、低域から高域までのクリアな再生に対応するスピーカーオプティマイズ回路を搭載した。

 おもな仕様は以下のとおり。

●DRA-F107

・定格出力:65W×2
・実用最大出力:80W×2 
・適合スピーカーインピーダンス:4〜16Ω(プリアンプ部)
・入力端子:PHONO/CD/AUX・DOCK/TAPE/MD/Portable In 
・出力端子:TAPE/MD/MONO OUT
・受信周波数:76〜108MHz(FM部)/522〜1,629kHz(AM部)
・電源:AC100V(50/60Hz)
・消費電力:85W(待機電力:0.2W以下)
・本体サイズ:幅250×高さ82×奥行き283mm(脚、ツマミ、端子含む)
・重さ:2.6kg 
・付属品:専用システムリモコン(RC-1127)、単4形乾電池×2、AMループアンテナ、FMアンテナなど
《小口》

関連ニュース

特集

page top