日本HP、生保業界向けに情報漏えい防止ソリューションの販売を開始 | RBB TODAY

日本HP、生保業界向けに情報漏えい防止ソリューションの販売を開始

エンタープライズ その他

 日本ヒューレット・パッカードは18日、生命保険業界向けに、契約者の個人情報や企業の機密データの漏えいを防ぐシマンテックの情報漏えい防止ソリューション「Symantec Data Loss Prevention(DLP)」とDLPの導入サービスの提供を開始した。

 「Symantec Data Loss Prevention」は、機密データの保管場所や使用場所に関係なく、エンドポイント、ネットワーク、ストレージシステムにわたって機密データの漏えいを防ぐことができる統合ソリューション。すでに世界の大手生命保険会社などで導入実績があり、契約者の情報や知的財産を保護し、個人情報保護法やPCI DSSなどの法規制に準拠しているとのこと。

 日本HPは、「Symantec Data Loss Prevention」の提供とともに、このソリューションの導入・運用支援サービスも合わせて提供する。導入サービスではセキュリティポリシー設定、ロール設計、ワークフロー設計などのビジネス設計、ハードウェアのサイジング、OSパラメーター策定などの技術設計、インストール、テスト、移行などの導入作業をトータルで提供(税抜1,000万円〜)。運用支援サービスでは、初期導入後のビジネス、組織、業務プロセス変化に対応するため、ポリシーカスタマイズ、チューニング、ワークフローカスタマイズなどセキュリティ運用を継続的に支援する。マネージドサービスでは「Symantec Data Loss Prevention」製品ライセンス、導入サービス、運用支援サービスのすべてを包括した複数年契約のサービスとなる。

 また生保業界向けスターターパックとして、初期導入時のビジネス設計で重要なセキュリティポリシー策定をよりスムーズに進めるため、生命保険業界向けのテンプレートを含む導入サービスを用意したとのこと。今後の展開として、シマンテックと2社共同でのマーケティング活動を推進し、積極的に拡販活動を展開する予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top