日立、アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」のラインアップを強化 | RBB TODAY

日立、アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」のラインアップを強化

エンタープライズ モバイルBIZ

「HA8000/RS220」
  • 「HA8000/RS220」
  • 「HA8000シリーズ」ラインアップ
  • 「HA8000-esシリーズ」ラインアップ
 日立製作所は16日、PCサーバである日立アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」において、データセンターへの設置および運用支援サービスを付加した「預けて安心モデル」などの新モデルを追加、ラインアップを強化するとともに、最新プロセッサーを採用するなどのシステム性能の強化を行い、販売を開始した。

 「預けて安心モデル」は、「HA8000/RS210、RS220」に日立が指定する高信頼なデータセンターへの設置および運用支援サービスを付加して提供するモデル。サーバ1台単位からデータセンターへ設置することを可能にしたことにより、少ない設備投資でのサーバ導入や効率的な運用を実現した。

 また安定稼働を支援する製品強化として、「HA8000/RS210、RS220」「HA8000-es/RS210、RS220」において、7年間のハードウェア保証を実現する「ロングライフサポートモデル」を提供する。またシステム停止を未然に防止できる内蔵ハードディスク予防保全機能を備えた「新規内蔵RAIDシステムモデル」に、「HA8000/ TS20、RS210、RS220」「HA8000-es/RS210、RS220」を対象機種として追加する。その他、リモート電源制御機能の標準搭載による遠隔地からのシステム装置電源操作の実現、遠隔地の管理端末からシステム装置の電源制御を行うために必要であった、オプションのSVPボードと管理コンソール「JP1/ServerConductor/ServerManager」を用意することなく電源制御が可能となった。そのほか「HA8000/RS210、RS220、RS440」において、仮想サーバライセンスが無制限で利用可能な「Windows Server 2008 Datacenter」をサポートし、「HA8000/TS20、RS210、RS220、RS440」「HA8000-es/RS210、RS220」にて、VMware ソフトウェアの64bit化やハイパーバイザー上の仮想マシン性能を向上した「VMware ESX 4」をサポート。最新の仮想化関連ソフトウェアに対応することで、システムの柔軟な運用を可能にする機能も強化された。

 さらに2プロセッサーモデル「HA8000/TS20、RS210、RS220」「HA8000-es/RS210、RS220」では、最新インテル Xeon プロセッサー5500番台を採用。これにより、従来比 約1.8倍の性能向上を実現した。また、今回の新製品では、本体価格を従来比最大76%の価格で設定した。その他に、「HA8000/TS20、RS210、RS220、RS440」「HA8000-es/RS210、RS220」において、8GBのメモリモジュールを採用したことにより、システム搭載の最大メモリ容量が従来比2倍になった。

 同社では、運用性の向上や環境配慮を実現するさまざまな機能の追加、並びに仮想化環境への対応を強化したことなどにより、システムライフサイクルのTCO(Total Cost of Ownership)削減に貢献するとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top