MPテクノロジーズ、クラウド環境におけるWebコンテンツ保護ソリューション「WebShell」提供開始 | RBB TODAY

MPテクノロジーズ、クラウド環境におけるWebコンテンツ保護ソリューション「WebShell」提供開始

 エム・ピー・テクノロジーズは11日、Webコンテンツ保護ソリューション「WebShell」(韓国テルテン製)の提供を開始した。

エンタープライズ その他
WebShellの適用可能な動作
  • WebShellの適用可能な動作
  • WebShellが対応する防護策
 エム・ピー・テクノロジーズは11日、Webコンテンツ保護ソリューション「WebShell」(韓国テルテン製)の提供を開始した。

 「WebShell」はWebブラウザを通して表現される多様な形態の情報、およびコンテンツの不法的な盗用を防止するWeb保護ソリューション。すでに国内では東京書籍・ショウタイムなどで採用されている。「WebShell」では、WEBページの画面キャプチャ、クリップボード、保存、印刷、ソース閲覧、Eメールなどの情報流出を遮断し、キャッシュファイルの保存経路をSecure Storageに変更することで、許可されたWebブラウザ以外のプログラムの接近を防止する。Webブラウザを通して表示される多様な形態の情報およびコンテンツはユーザーの接近が容易で、不正流出の可能性も高い状態だが「WebShell」の利用により、Webに表示される情報が保護可能となる。管理者は、ユーザーごとにセキュリティー制御内容を個別に定義することも可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

page top