“世紀の天体ショー”まであと1ヵ月余〜皆既日食特設ページ開設 | RBB TODAY

“世紀の天体ショー”まであと1ヵ月余〜皆既日食特設ページ開設

 21世紀最初の壮大な天体ショーといえる日本での皆既日食まであと1ヵ月と少し。日本気象協会が運営する天気総合ポータルサイト「tenki.jp」で、この皆既日食特設ページが開設された。

エンタメ その他
各都市の部分食の様子
  • 各都市の部分食の様子
  • 解説コラム
 21世紀最初の壮大な天体ショーといえる日本での皆既日食まであと1ヵ月と少し。日本気象協会が運営する天気総合ポータルサイト「tenki.jp」で、この皆既日食特設ページが開設された。

 日本で皆既日食が観測できるのは7月22日。鹿児島県トカラ列島や奄美大島などが皆既日食、そのほかの地域でも部分日食が観測でき、日本ばかりではなく世界が注目する天体ショーだ。「tenki.jp」皆既日食特設ページでは、全国主要都市で今回の皆既日食・部分日食がどのように見えるかを紹介。太陽が最も欠ける程度(最大食分)、日食の始まりと終了の時刻、最大食分となる時刻、日食前後の天気予報を公開している。

 このほか、同特設ページでは日食をもっと楽しむために全国各地の気象予報士による解説コラムを掲載。また日食当日には日本気象協会の全国各地のレポーターから皆既日食・部分日食の実況レポートをリアルタイムで提供する。これから1ヵ月あまり、日本では“日食フィーバー”が繰り広げられることだろう。いよいよカウントダウンが始まった。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top