実売8,000円前後——フリービット、webアップロードなどに的を絞った低価格デジタルビデオカメラ | RBB TODAY

実売8,000円前後——フリービット、webアップロードなどに的を絞った低価格デジタルビデオカメラ

IT・デジタル デジカメ

ServersMan Scooop by EXEMODE
  • ServersMan Scooop by EXEMODE
  • 使用イメージ
 フリービットは、デジタルビデオカメラ「ServersMan Scooop by EXEMODE」を発表。7月下旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は8,000円前後。

 同製品は、ウェブカムコーダーと呼ばれるwebにおける手軽な動画/静止画公開を目的としたデジタルビデオカメラ。ハードウェアはエグゼモードが担当。フリービットはweb公開用ソフトウェア「ServersMan mini ver.2」を提供する形となっている。動画や静止画を撮影後、PCとUSB接続することでServersMan mini ver.2がサーバーとして起動。webブラウザなどを通し、そのままweb上での即時公開が可能。また、YouTubeなどほかのビデオ共有サイトへの公開も選択できる。

 webアップロードなどに的を絞ったことにより、低価格を実現した。詳細な本体サイズは今のところ不明だが、胸ポケットに収容可能なコンパクトサイズになる予定。2V型液晶を搭載し、130万画素CMOSカメラを内蔵。VGA(640×480ピクセル)30コマ/秒のMotion JPEG記録が可能。記憶メディアは最大8GBまでのSDHCカードに対応する。PC接続用としてUSB端子を装備。
《小口》

関連ニュース

特集

page top