富士通、一般者参加可能な携帯電話デザインコンテストを開催 | RBB TODAY

富士通、一般者参加可能な携帯電話デザインコンテストを開催

エンタープライズ モバイルBIZ

告知ポスター
  • 告知ポスター
  • 「FUJITSU モバイルフォンデザインアワード2009」サイト(画像)
 富士通は28日、携帯電話のデザイン強化施策の一環として、広く一般からコンテスト形式で携帯電話のデザインを募る「FUJITSUモバイルフォンデザインアワード2009」の開催を発表した。

 「FUJITSUモバイルフォンデザインアワード2009」は、多様化するユーザー嗜好に応えるためのデザイン強化の取り組みとして、携帯電話デザインのストック化を目的としたもの。同アワードの実施にあたっては、国内外のデザイナーに対して強いつながりを持つDESIGN ASSOCIATIONとのコラボレーションにより運営される。

 募集されるデザインは、「リアル部門:2011年の携帯電話」(1〜2年での商品化を視野に入れたデザイン)、「ドリーム部門:未来の携帯電話」(自由な発想の近未来の夢あるデザイン)の2部門。ドリーム部門についてはとくに規定はないが、リアル部門については「キーボードがあること、片手で操作可能、3インチ以上の液晶ディスプレイを活用」したデザインであることが条件となる。応募対象は、国内のデザイナー(プロ・アマ・学生問わず)で、公式サイト「FUJITSUモバイルフォンデザインアワード2009」の応募フォームからエントリーし、プレゼンボードデータ(A3サイズjpg/pdfデータ。最大10MBまで。三面図。概略寸法記載)が必須。

 審査員は、プロダクトデザイナーの喜多俊之氏、アートディレクターの水野学氏、日経デザイン編集長の下川一哉氏、アートディレクターでDESIGN ASSOCIATION会長も務める浅葉克己氏が務める。優秀作品に対しては、表彰するとともに賞金200万円が授与される。作品の募集期間は、6月5日〜7月31日の予定。優秀作品については、2009年10月に開催されるCEATEC JAPAN2009にて展示される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top