ドコモとソフトバンク、「821T」の製造・販売差し止めについて和解 | RBB TODAY

ドコモとソフトバンク、「821T」の製造・販売差し止めについて和解

エンタープライズ モバイルBIZ

かんたん携帯 SoftBank 821T
  • かんたん携帯 SoftBank 821T
  • らくらくホンIV
  • 821Tの操作部分
  • らくらくホンIVの操作部分
 NTTドコモ、富士通、ソフトバンクモバイル、東芝の4社は15日、「かんたん携帯 SoftBank 821T」の製造、販売等の差し止めを求めて仮処分命令の申し立てを行った件について、和解に至ったことを発表した。

 821Tへの仮処分命令の申し立ては、東京地方裁判所に不正競争防止法に基づき、ドコモと富士通がソフトバンクモバイルと東芝に対して2008年3月17日に行ったもので、富士通製の携帯電話「らくらくホン」にきわめて類似していると主張。発表によると、本日に至るまで審理を進めてきたが、821Tの販売および、2009年に発売予定の次期後継機種に関して和解に至ったという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top