ビデオファイルをiPodなどに転送できるエンコーダのハイビジョン対応モデル | RBB TODAY

ビデオファイルをiPodなどに転送できるエンコーダのハイビジョン対応モデル

IT・デジタル その他

turbo.264 HD
  • turbo.264 HD
  • iPodやiPhone、Apple TV、PSPなどさまざまなメディアで利用
 フォーカルポイントコンピュータは、動画ファイルをH.264形式に高速変換するMac専用のUSB2.0ハードウェアエンコーダ「turbo.264」の新製品として、ハイビジョン対応モデル「turbo.264 HD」を発表。4月下旬より販売する。価格はオープンで、同社直販サイト価格は22,800円。

 同製品は、USB2.0ポート内蔵のMacに接続することで、さまざまなビデオファイルをH.264形式に高速変換可能なMac専用ハードウェアエンコーダ。2007年7月に発売された従来モデル「turbo.264」から新たにハイビジョン映像に対応したモデルとなる。

 AVCHD対応のデジタルビデオカメラやデジタルカメラで撮影した際、PC経由でカメラ内のデータに直接アクセスしてエンコードすることが可能。QuickTimeで再生可能な動画ファイルの場合、高画質・高圧縮なH.264形式に高速エンコードすることができる。また、読み込んだ動画ファイルの不要部分をエンコードしない「簡易編集機能」を搭載しており、テレビ番組のCMやデジタルビデオカメラで撮影した余分な映像などを省略し、必要な部分だけのエンコードに対応する。

 エンコードの設定はプルダウンで選択する簡単な操作。エンコード後の動画は、iPodやiPhone、Apple TV、PSP、H.264形式に対応するPDA、ポータブルメディアプレーヤーなどに転送して楽しむことができる。

 システム要件として、インテルのCore/Core Duoプロセッサ搭載のMac(PowerPC非対応)で、OSはMac OS X 10.5.6 Leopardまたはそれ以降。インターフェースはUSB2.0。本体サイズは、幅30×高さ73×奥行き10mm、重さは18g。付属品はUSB2.0延長ケーブルなど。

*初出時にキャプションなどに誤りがありましたので訂正し、お詫び申し上げます
《加藤》

関連ニュース

特集

page top