eTENとアクトビラ、天気予報に連動して変化する広告サービスを開始 | RBB TODAY

eTENとアクトビラ、天気予報に連動して変化する広告サービスを開始

エンタープライズ その他
アクトビラ 天気連動広告の仕組み
  • アクトビラ 天気連動広告の仕組み
  • 背景や音声も天気や時刻に連動して変化させた「マイ天気」ページ (左から、【晴/曇】、【雨/雪】、【星(夜)】)
  • 晴れの日の花粉対策特集ページ
 気象情報専門チャンネルなどを運営するeTENとアクトビラは23日、「アクトビラ」の天気情報サービス「e−天気.net」上で、天気予報に連動して変化する広告サービス「アクトビラ天気連動型広告」を共同開発したことを発表した。3月11日よりトライアルサービスを開始、4月1日より正式提供を開始する。

 「アクトビラ天気連動型広告」は、天気予報や花粉情報の変化に連動して、リアルタイムにバナー、音声、ページ背景、動画番組など、さまざまな要素が変化する新しい広告サービスとなる。既存の天気予報ページ内での広告展開に加え、広告用の特集ページや動画番組の制作など、大きく分けて3つの広告メニュー展開が可能となる。

 天気予報ページ内での展開では、ページ内の音声・バナー・背景が、天気や時間に連動して変化する広告メニューとなる。アクトビラ端末においてユーザにより登録された郵便番号に対応しているため、地域ごとに違う広告の掲出が可能となる。特集ページ (広告用に制作)では、天気に合わせたコンテンツで構成することにより、ユーザ心理に適した効果的な広告ページとすることが可能。天気に連動した動画番組は、天気予報により変化するユーザ・ニーズにマッチした商品紹介の他、天気予報ページから再生という画面遷移を行うことにより、特定の気象条件下(雨天、気温が20以上、紫外線が強い、など)でのみ公開する番組を提供することも可能となる。

 現在広告販売に先行し、トライアルサービスが開始されており、背景・音声・アニメーションバナーを【晴/曇】【雨/雪】【星(夜)】の3パターンに変化させ、動画番組『高樹千佳子のThat’s!花粉症』への誘導のほか、お天気キャスター森田正光氏率いる気象予報士による花粉解説記事にリンクしている。また晴れの日は交通情報やイベント情報、雨の日は出前サービスやネット通販などのバナーとテキストを掲出し、アクトビラ全体の利用促進を図っているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top