NEC、コーヒー「illy」店舗で顔認識を用いたデジタルサイネージを実験 | RBB TODAY

NEC、コーヒー「illy」店舗で顔認識を用いたデジタルサイネージを実験

エンタープライズ その他

 NECは16日、イタリアのコーヒートップブランド「illy」(イリー)の店舗「Espressamente illy日本橋中央通り店」において、顔認識技術を用いたデジタルサイネージの実証実験を行うことを発表した。
  •  NECは16日、イタリアのコーヒートップブランド「illy」(イリー)の店舗「Espressamente illy日本橋中央通り店」において、顔認識技術を用いたデジタルサイネージの実証実験を行うことを発表した。
  • NECのデジタルサイネージ概念図
 NECは16日、イタリアのコーヒートップブランド「illy」(イリー)の店舗「Espressamente illy日本橋中央通り店」において、顔認識技術を用いたデジタルサイネージの実証実験を行うことを発表した。

 この実験では、顔認識技術を用いて、顧客属性(性別・年齢層)や時間帯に合わせた広告を電子ディスプレイに配信し広告効果測定まで行う。期間は2008年12月16日から2009年1月18日までの1か月間。具体的には、NEC製のオールインワン型デジタルサイネージボード「eye flavor」(アイフレイバー)を店舗入り口に設置し、「eye flavor」の前に立った顧客の顔から性別・年齢層を自動的に判別し、あらかじめ準備してある14種の広告から顧客属性と時間帯に最適な広告を配信・表示する。あわせて、広告視認率や売上(POS)データとの関連を分析し、定量的に広告効果を測定する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top