動く画像を切り抜いて別の静止画に合成できる! カシオ、有効画素数1,210万画素のデジタルカメラ2モデル | RBB TODAY

動く画像を切り抜いて別の静止画に合成できる! カシオ、有効画素数1,210万画素のデジタルカメラ2モデル

 カシオ計算機は15日、デジタルカメラ「EXILIM(エクシリム)」シリーズの新モデルとして、世界で初めて動く被写体を切り抜いて合成できる新機能「ダイナミックフォト」を搭載した「EXILIM ZOOM EX-Z400」「EXILIM CARD EX-S12」を発表。1月23日から順次発売する。

IT・デジタル デジカメ
ゴールド
  • ゴールド
  • ピンク
  • ブラウン
  • シルバー
  • ピンク
  • グリーン
  • ブラック
 カシオ計算機は15日、デジタルカメラ「EXILIM(エクシリム)」シリーズの新モデルとして、世界で初めて動く被写体を切り抜いて合成できる新機能「ダイナミックフォト」を搭載した「EXILIM ZOOM EX-Z400」「EXILIM CARD EX-S12」を発表。1月23日から順次発売する。価格はオープンで、予想実売価格はともに30,000円台後半。

 両製品は、新開発「EXILIMエンジン4.0」の高速画像処理により、撮影した被写体を切り抜き、背景となる別の静止画に合成できる「ダイナミックフォト」を搭載。20枚の連写画像からカメラが自動で被写体を切り抜き、お気に入りの写真と合成できる。PCを使わずに動く被写体を合成できるので、写真の中で被写体だけが動くという現実にはありえない画像を楽しめる。また、「ダイナミックフォト」の楽しい用途を多数紹介したスペシャルウェブサイトを公開し、同機能の楽しさを広げるサービスも提供する予定だ。

 そのほか共通で、追尾精度の向上に加え、一度フレームアウトした被写体をカメラが記憶することで、再びフレームに同じ被写体を捉えた際にオートフォーカスの追尾を再開する「トラッキングAF」、画像処理の強弱によって肌の美しさを12段階で選び、液晶ディスプレイで効果を確認しながら撮影できる「メイクアップ」機能、ワンボタンで画像サイズ1,280×720ピクセルの動画を撮影できる「HDムービー」機能などを備える。

 EX-Z400は、広角28mmで光学4倍ズームのレンズを採用した有効画素数1,210万画素モデル。3.0型高精細液晶ディスプレイやCCDシフト方式の手ブレ補正を搭載するほか、フル充電で約550枚撮影できる長寿命バッテリを採用する。カラーはゴールド/ピンク/ブラウンの3色。

 撮像素子は1/2.3型正方画素CCD。記憶メディアは内蔵メモリ35.7MBとSDHCカード/SD メモリーカード。焦点距離は約28〜112mm(35mm判換算)で、F2.6(W)〜F5.8(T)。シャッタースピードは1/2〜1/1000秒(夜景は4〜1/1000秒)。ISO感度は最大ISO3200。インターフェースはUSB/AV。バッテリはリチウムイオン充電池。本体サイズは幅96.9×高さ57.6×奥行き23mm。重さは約131g。付属品は充電器/AC電源コード/USBケーブル/AVケーブル/ストラップなど。ゴールド/ピンクは1月23日、ブラウンは1月30日に発売する。

 EX-S12は、本体サイズが幅94.2×高さ54.6×奥行き14.9mm(最薄部13.8mm)のカードサイズボディ。光学3倍ズームや2.7型ワイド液晶ディスプレイを装備し、有効画素数は1,210万画素。ボディの素材にステンレスを採用し、シルバー/ピンク/グリーン/ブラックの4色を用意する。

 映像素子は1/2.3型正方画素CCD。記憶メディアは内蔵メモリ35.2MBとSDHCカード/SD メモリーカード。焦点距離は約36〜108mm(35mm判換算)で、F2.8(W)〜F5.3(T)。シャッタースピードは1/2〜1/2000秒(夜景は4〜1/2000秒)。ISO感度は最大ISO3200。インターフェースはUSB/AV。バッテリはリチウムイオン充電池で、最大撮影枚数は約270枚。本体サイズは幅94.2×高さ54.6×奥行き14.9mm。重さは約112g。付属品は充電器/AC電源コード/USBケーブル/AVケーブル/ストラップなど。2月下旬に発売する。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top