カナダ通信機器大手Nortelが破綻、債権者保護を求める | RBB TODAY

カナダ通信機器大手Nortelが破綻、債権者保護を求める

 カナダNortel Networks(ノーテル)は現地時間14日、同社の破綻を発表した。

エンタープライズ その他
 カナダNortel Networks(ノーテル)は現地時間14日、同社の破綻を発表した。

 同社および同社の子会社について、カナダの企業債権者調整法(Companies' Creditors Arrangement Act:CCAA)のもとで債権者保護を求める見込み。さらに、米国連邦破産法11章の下で請願書を提出、同様の対応を行う。ヨーロッパ、中東、アフリカ地域も追随すると見られるが、日常業務は今後も続くと見られている。またアジア、中南米地域については、今回の破綻の影響はなく、引き続き営業を行うとのこと。Nortelは2005年より改革に取り組んできたが、世界的な金融恐慌と景気後退が大きく影響を与えた形となった。
《冨岡晶》

関連ニュース

page top