筑波大学、Nortelの10Gbpsソリューションをベースにネットワークを刷新 | RBB TODAY

筑波大学、Nortelの10Gbpsソリューションをベースにネットワークを刷新

 Nortel Networks(ノーテル)は12日に、筑波大学が構築するキャンパスネットワークの刷新にあたり、Nortel Networksが提供する10ギガイーサネットソリューションを導入したと発表した。

エンタープライズ その他
 Nortel Networks(ノーテル)は12日に、筑波大学が構築するキャンパスネットワークの刷新にあたり、Nortel Networksが提供する10ギガイーサネットソリューションを導入したと発表した。筑波大学では2万人に上る学生・職員がネットワークを利用している。

 今回の刷新にあたり筑波大学では、動画やマルチメディア・アプリケーションなどネットワークトラフィック増加に耐えうる大容量ネットワーク環境の構築に加え、不正アクセス防止やウイルスからの保護といったネットワーク内のセキュリティ強化を目標に設定し、Nortel独自の冗長化技術であるR-SMLTを実装するシャーシ型レイヤー3スイッチ「Ethernet Routing Switch 8600シリーズ」、電源供給型(Power over Ethernet)エッジスイッチ「Ethernet Routing Switch 5500シリーズ」、サーバとファイアウォールの処理能力の負荷分散機能を持つアプリケーション・スイッチ「Nortel Application Switch 3408」を組み合わせて導入した。セキュリティ面においては、ネットワーク認証検疫ソリューション「Secure Network Access Switch 4050」を導入し、学内LANに接続するクライアントPCにセキュリティチェックを行うことで、LANネットワークの不正アクセスや内部からのウイルス蔓延を未然に防ぐものとなっている。

 これにより、伝送速度、容量ならびにセキュリティ性の大幅な向上が見込まれており、オンライン・ラーニングなどの広帯域を必要とするアプリケーションの拡充、今後のマルチメディアアプリケーションの活用、また学内事務処理の大幅な効率化を促進するネットワーク環境が実現したとしている。

 筑波大学学術情報メディアセンター長である板野肯三教授は「学生や職員からの、ネットワークに対する要求は高まる一方です。10Gbpsクラスの超高速通信データ配信、高い安定性・信頼性・冗長性を実現するNortel Networksのイーサネット・ソリューションを導入することで最先端のキャンパス・ネットワークを構築することができました。誰もがネットワークの存在を意識せずに安心して利用できる環境を作り上げることができたと思います」と述べている。

 なお同ネットワークの設計・構築は、丸紅情報システムズを通して行われた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top