三菱、消費電力を大幅に低減したビジネスユースの19/17型液晶ディスプレイ | RBB TODAY

三菱、消費電力を大幅に低減したビジネスユースの19/17型液晶ディスプレイ

 三菱電機は24日、液晶ディスプレイ「Diamondcrysta」シリーズの新モデルとして、ビジネスユースで消費電力を大幅に削減した19型「RDT196LM」と17型「RDT1710LM」を発表。2009年1月9日に発売する。

IT・デジタル ノートPC
上段がRDT1710LMのホワイトとブラック、下段がRDT196LMのホワイトとブラック
  • 上段がRDT1710LMのホワイトとブラック、下段がRDT196LMのホワイトとブラック
 三菱電機は24日、液晶ディスプレイ「Diamondcrysta」シリーズの新モデルとして、ビジネスユースで消費電力を大幅に削減した19型「RDT196LM」と17型「RDT1710LM」を発表。2009年1月9日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格はRDT196LMが29,800円、RDT1710LMが23,800円。カラーはともにホワイト/ブラックの2色。

 両製品は、「低消費電力液晶パネル」を採用し大幅に消費電力を低減したビジネスユースモデルの液晶ディスプレイ。2008年5月発売の従来モデル「RDT195LM」「RDT177LM」と比較して、消費電力を19型で約30%、17型で約26%削減。待機電力も回路設計の見直しによりスリープモード時で19型0.6W以下、17型0.5W以下、オフモード時で19/17型ともに0.35W以下を達成したという。

 電力レベルの設定により、最大8Wまで電力を低減可能。さらに、低減した電力値を画面右下の「電力メーター」でリアルタイムに確認できるほか、使用開始時から現在までの積算電力削減値もOSD上で確認できる。

 ビジネスシーンでの使い勝手を追求したユースフルデザインを採用。ふせん紙がはがれにくいフロントベゼルや、ペンなどの小物が置けるくぼみの付いたベーススタンドを装備。また、設置時や移動時に持ちやすい形状のキャリアブルフックを採用するほか、ほこりが入りにくい排気ダクトデザインの放熱孔を備える。

 おもな仕様は以下のとおり。

●RDT196LM
・液晶サイズ:19型
・解像度:1,280×1,024ピクセル(SXGA)
・パネル:ノングレア
・視野角:上下160度/左右170度
・輝度:250cd/m2
・コントラスト比:800:1
・応答速度:5ms
・インターフェース:DVI-D/ミニD-Sub15ピン
・スピーカー:1W×2
・チルト角度:上20度、下5度
・本体サイズ/重さ:幅414×高さ406×奥行き221mm/4.6kg(スタンド含む)
・付属品:電源コード/DVI-Dケーブル/ミニD-Sub15ピンケーブル/オーディオケーブル/ベーススタンドなど

●RDT1710LM
・液晶サイズ:17型
・解像度:1,280×1,024ピクセル(SXGA)
・パネル:ノングレア
・視野角:上下160度/左右170度
・輝度:250cd/m2
・コントラスト比:800:1
・応答速度:5ms
・インターフェース:ミニD-Sub15ピン
・スピーカー:1W×2
・チルト角度:上20度、下5度
・本体サイズ/重さ:幅372×高さ370.5×奥行き198mm/3.9kg(スタンド含む)
・付属品:電源コード/ミニD-Sub15ピンケーブル/オーディオケーブル/ベーススタンドなど
《近藤》

関連ニュース

特集

page top