ライブドア、IPv6の検証環境「EDGE Co.Lab v6」を無料で提供開始 | RBB TODAY

ライブドア、IPv6の検証環境「EDGE Co.Lab v6」を無料で提供開始

ブロードバンド その他

「EDGE Co.Lab v6」利用者募集の告知ページ
  • 「EDGE Co.Lab v6」利用者募集の告知ページ
 ライブドアは15日、IPv6での実証実験の検証環境「EDGE Co.Lab v6(エッジ コラボ ヴイシックス)」の提供を開始した。あわせてプロジェクトに参加する一般・企業の利用者の募集も開始した。

 「EDGE Co.Lab v6」は、IPv4アドレス枯渇に伴うアプリケーションのデュアルスタック化に対しIPv6を導入、IPv6移行開発を支援し全面的にバックアップするプロジェクト。今回のプロジェクトは、IPv6対応のサイトを実際に動かせるようライブドアがIPv6環境を提供し、IPv6化で実験してみたいと考える一般開発者や企業所属の開発者を広く募集するというものだ。利用者には、v4/v6デュアルスタックサーバなどのアイテムが提供され、実験期間1か月間が設けられる(延長も可能)。料金などは派生しないが、実験検証の一環であるため、利用者である開発者には、移行作業等の内訳や移行結果、問題点、課題、所感などの規定項目に従ったレポート提出が条件となる。

 提供されるアイテムは、v4/v6DNS登録、v4/v6デュアルスタックサーバ、OS PC-UNIX系(CentOS、BreeBSD、PC-Solaris等)、希望の場合は各種デュアルスタック化したプラットフォーム(apache、 postfix、bind等)、root権限、IPv4/v6デュアルスタック、固定アドレスなど。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top