クリアスウィフトと日立ソフト、情報漏えい防止のソリューションを共同開発 | RBB TODAY

クリアスウィフトと日立ソフト、情報漏えい防止のソリューションを共同開発

エンタープライズ その他

情報漏えい防止のソリューションを共同で開発
  • 情報漏えい防止のソリューションを共同で開発
 クリアスウィフトと日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト)は14日、機密情報の持ち出しを防止するシステムについて、共同開発をすることで合意した。今年度中に完成し、日立ソフトの製品として販売する計画だ。

 クリアスウィフトは、電子メールやWebを経由した情報漏えいを防止するソリューション「Clearswift Smart Web & Mail」を提供している。電子メールとWebのトラフィックを確認し、個人情報やクレジットカード番号、見積書、企画書などのデータを自動的に判断し、社外への送信を防止するというものだ。

 一方の日立ソフトは、総合的な情報漏えい防止のソリューション「秘文」、指動脈認証による暗号化や持ち出し制御技術「静紋」、文書の統制と活用を行う「活文」などのソリューションを提供している。

 今回の共同開発では、両社の技術を連携させ、より強力なソリューションを提供するとしている。

 なお両社は、これまでにもメールによる情報漏えい防止のソリューションの連携や、クリアスウィフトのソフトウェアを日立製作所のサーバに搭載したアプライアンスの販売を共同で行ってきている。これらは、メールによる情報漏えい防止が中心だったが、今回は、WebやUBSメモリ、印刷などあらゆる経路からの情報漏えいを防止するソリューションを提供する。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top