米シスコ、エッジルータ「Cisco ASR 9000」シリーズを発表 | RBB TODAY

米シスコ、エッジルータ「Cisco ASR 9000」シリーズを発表

 米シスコは11日、「Cisco Aggregation Services Router 9000 Series(ASR 9000)」を発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
 米シスコは11日、「Cisco Aggregation Services Router 9000 Series(ASR 9000)」を発表した。

 Cisco ASR 9000は、初のCisco Aggregation Services Routerとして4月に投入されたCisco ASR1000シリーズに次ぐ第2弾の製品だ。

 Cisco ASR 9000は、同等のエッジルータ ソリューションの最大6倍の容量(6.4テラビット/秒)と現在市場で提供されているラインカードの最大4倍の速度(400ギガビット/スロット)を提供。また、光トランスポンダーを統合することにより、IP over dense wavelength-division multiplexing(IPoDWDM)とイーサネット サービスをアグリゲーション エッジにまで拡張することが可能としている。

 また、内蔵する「Cisco Advanced Video Services Module(AVSM)」は、アグリゲーション エッジにおけるテラバイト級のストリーミング容量を実現すると同時に、コンテンツ キャッシング、広告の挿入、高速チャネル切り替え、エラー修正を提供する。Cisco ASR 9000ラインカードはSync Ethernet対応となっており、同期カードを追加するための専用スロットが必要なく、それに伴うコストが解消される。

 同システムは2009年第1四半期の出荷開始を予定しており、価格は約8万ドルからとなっている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top