エンターテインメント機能を強化したBlackBerryの最上位モデル「BlackBerry Bold」 | RBB TODAY

エンターテインメント機能を強化したBlackBerryの最上位モデル「BlackBerry Bold」

 エヌ・ティ・ティ・ドコモは29日、BlackBerryの日本市場向け新モデル「BlackBerry Bold」の記者発表を都内で開催した。

エンタープライズ モバイルBIZ
「BlackBerry Bold」
  • 「BlackBerry Bold」
  • 「BlackBerry Bold」
  • エヌ・ティ・ティ・ドコモ代表取締役社長の山田隆持氏
  • エヌ・ティ・ティ・ドコモ ソリューションビジネス部長の串間和彦氏
 エヌ・ティ・ティ・ドコモは29日、BlackBerryの日本市場向け新モデル「BlackBerry Bold」の記者発表を都内で開催した。Blackberryの製造元はカナダのReserch In Motion社(RIM社)で、現在、「BlackBerry 8707h」をエヌ・ティ・ティ・ドコモが販売している。今回の機種は、BlackBerryの最上位モデルだ。特徴は、FOMAハイスピード(HSDPA)3.6Mbps対応や無線LAN機能の搭載ほか、ビデオ再生機能などエンターテインメント機能をアピールしている点だ。

 エヌ・ティ・ティ・ドコモ代表取締役社長の山田隆持氏によると、2006年9月に法人向けに販売を開始して以来、国内での利用社は1200社を超えているという。8月からは個人向け販売も開始した。山田氏は「入力インターフェイスやデザイン性に優れた新しいスマートフォンが登場しており、日本でも幅広いユーザーに受け入れられるとおおいに期待している」「BlackBerry Boldは従来の持ち味であったセキュリティー・管理機能に加え、フルキーボード、トラックボールによる入力インターフェイス、エンターテイメントへの対応も強化されており個人にも勧められる」と強調。パソコンの利便性を手のひらに凝縮したスマートフォンであると位置付けた。ちなみに「BlackBerry Bold」は、すでに海外では発売されており、国内での発売は2008年度第4四半期を予定している。

 Reserch In Motion社副社長(日本担当)の上野公明氏は、同機種の特徴をスピーディー、パワフル、エンターテインメント、エレガント、生産性の向上の5点から説明した。スピーディーとはHSDPA対応、パワフルはWi-Fi接続(IEEE802.11a/b/g)、GPS機能搭載、WORLD WING(3G+GSM)対応、端末中央部のトラックボールの直感的な操作、企業・個人向けE-MAILを指す。また従来になかったエンターテインメントの機能としては、Half-VGA(480×320)の液晶ディスプレイ、200万画素・3倍デジタルズーム・フラッシュ装備のカメラ機能やビデオ録画機能、iTunesとの連携、メディアプレイヤー(DivX、DivX5/6(一部対応)、XviD(一部対応)、H.263、WMV3の対応、オンボードでの1GBのメモリ搭載などを挙げた。全体的に黒を基調とし、裏側は皮風のバックカバーにしている点でエレガントを打ち出し、従来のBlackBerry Enterprise Solution、BlackBerry Inernet Serviceを生産性を上げるものだとした。

 一方のエヌ・ティ・ティ・ドコモ ソリューションビジネス部長の串間和彦氏は「(今回の製品は)エンターテイメント分野を大幅に強化していることから、従来のビジネス分野に重点を置きつつ、コンシューマ分野にも拡大していきたいと考えている」と話した。串間氏は、現在国内のスマートフォン市場は携帯電話販売台数のうち2%を占めるにすぎないが、今後はこの市場が拡大していくと予想する。

 今回の製品は個人向けの製品であるとは言い切れないところが説明から読み取れる。あくまでビジネスに軸足をおきながら個人領域にも対応できる製品といえる。「BlackBerry Bold」は従来の「BlackBerry 8707h」の領域を拡大する戦略製品という位置であり、従来の「BlackBerry 8707h」は主に大企業、外資系の企業が積極的に採用してきたのに対し、これを今度は中小企業にまで拡大し、日本市場に合わせたカスタマズを行っていくという。「GPS機能が新たに搭載されたということから、外勤社員も効率的配置を行うためのナビゲーションといったソリューションについても力を入れていきたい」とのコメントもあった。

 記者からはiPhone 3Gとの差別化についても質問がでた。山田氏は一部かぶってくるところはでてくるが……と前置きした上で、軸足は法人でセキュリティーが非常にしっかりしているところ、QWERTYキーで入力が楽である点が大きく異なると回答した。また今後はドコモショップ、量販店でも販売できるように販路を拡大していきたいとしたが、一方価格については未定とのことだ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top