ビクター、業界最高コントラスト比50,000:1のフルHD対応プロジェクター | RBB TODAY

ビクター、業界最高コントラスト比50,000:1のフルHD対応プロジェクター

 日本ビクターは25日、ネイティブコントラスト50,000:1のフルHD対応プロジェクター「DLA-HD750」など2製品を発表した。DLA-HD750の価格は735,000円で、12月上旬に発売する。ネイティブコントラスト30000:1の下位モデル「DLA-HD350」は、525,000円で11月上旬発売。

IT・デジタル テレビ
DLA-HD750
  • DLA-HD750
  • DLA-HD350(ブラック)
  • DLA-HD350(ホワイト)
 日本ビクターは25日、ネイティブコントラスト50,000:1のフルHD対応プロジェクター「DLA-HD750」など2製品を発表した。DLA-HD750の価格は735,000円で、12月上旬に発売する。ネイティブコントラスト30000:1の下位モデル「DLA-HD350」は、525,000円で11月上旬発売。

 今回発表の2製品はいずれも、同社独自の「0.7インチフルハイビジョンD-ILAデバイス」や「Wire Grid 光学エンジン」の搭載により、コントラスト比の向上を図ったプロジェクター。上位モデルDLA-HD750では、ホームシアタープロジェクターとして業界最高となるネイティブコントラスト比50,000:1を実現している。また、光学系の構造をL字型からストレート型へと変更したことで、光のロスを低減。これにより輝度を向上させており、DLA-HD750は900ルーメン、DLA-HD350は1,000ルーメンとした。

 上位モデルDLA-HD750のみの仕様として、R(赤)/ G(緑)/ B(青)/ C(シアン)/ M(マゼンタ)/ Y(イエロー)の各色ごとに独立して「色相」「彩度」「明度」の調整ができる「カラーマネージメント」機能を搭載。好みにあわせた微妙な色調整が行えるとしている。

 レンズは2製品とも、フォーカス性能を向上させるとともに“色収差・色にじみ”を低減させたという「電動2倍ズームレンズ」を搭載。レンズカバーにはリモコン操作が可能な電動スライド式を採用している。また、映像回路のコアとなるビデオプロセッサには、精度の高いIP変換やスケーリング処理が可能なシリコンオプティクス製の「Reon-VX」を装備する。

 そのほか、2製品共通の仕様として、レンズシフト幅は上下80%/左右34%、投影サイズは60型〜 200型、インターフェースはHDMI(ver.1.3)×2/ コンポーネント/S映像/コンポジットなど。 騒音レベルは19dB。本体サイズは幅365×高さ165×奥行き478mm。重さは11kg。本体カラーはDLA-HD750がブラックのみで、DLA-HD350はブラック/ホワイトの2色。
《花》

関連ニュース

特集

page top