パイオニア、ノズル部がフレキシブルに曲がる新構造のカナル型イヤホン | RBB TODAY

パイオニア、ノズル部がフレキシブルに曲がる新構造のカナル型イヤホン

 パイオニアは24日、人それぞれ異なる耳穴の角度に合わせてノズル部がフレキシブルに曲がり、装着感を高めたアウトドア用のカナル型イヤホン「SE-CLX50」を発表。11月上旬より販売する。価格は7,500円。

IT・デジタル その他
フレックスノズルのイメージ
  • フレックスノズルのイメージ
  • SE-CLX50
 パイオニアは24日、人それぞれ異なる耳穴の角度に合わせてノズル部がフレキシブルに曲がり、装着感を高めたアウトドア用のカナル型イヤホン「SE-CLX50」を発表。11月上旬より販売する。価格は7,500円。

 同製品は、アウトドア用のカナル型イヤホン。イヤホンチップ(耳穴にあたる部分)とハウジングをつなぐイヤーホルダー部に、ソフトなシリコンラバーを使用した新構造「FLEX NOZZLE(フレックスノズル)」を採用。これにより、人それぞれ異なる耳穴の角度に合わせて、ノズル部がフレキシブルに曲がり、装着感を高めている。

 特許出願中の新構造では、安定した装着性を生み出しアクティブなアウトドアシーンでの利用も可能。また、高い密閉性を備えており、音響効果を高めるほか、長時間の装着でも快適性を維持するという。

 音質面では、希土類マグネットを使用した径13.5mmのダイナミック型ドライバーユニットを採用。迫力あふれる低音と、ボーカルの輪郭をいきいきと再生する。またコード芯線には、銅よりも抵抗値の低い、銀素材をメッキした「銀メッキOFCリッツ線」を採用。音質の劣化を防ぎ、クリアで広がりのあるサウンドを生み出している。

 そのほかの仕様として、カラーはブラック/ホワイト/ブラウンの3色を用意。インピーダンスは16Ω。音圧感度は105dB/mW。最大入力は100mW。再生周波数帯域は5〜24,000Hz。プラグ形状はストレートタイプの径3.5mmステレオミニ。コード長は1.0m。重さは9g。付属品は0.5m延長コード、XS/S/M/Lの各サイズ2個のイヤホンチップ(ピース)。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top