パイオニア、「KURO」ブランドのフルHDプラズマテレビ/ディスプレイ | RBB TODAY

パイオニア、「KURO」ブランドのフルHDプラズマテレビ/ディスプレイ

IT・デジタル テレビ
KRP-600A
  • KRP-600A
  • KRP-500A
  • KRP-500M
 パイオニアは、プラズマテレビの「KURO」ブランドで地上/BS/110度CSデジタルフルHDの新モデル「KRP-600A」(60V型)と「同500A」(50V型)を発表。10月下旬に販売する。価格は600Aが940,000円、500Aが670,000円。50V型フルHDプラズマディスプレイ「KRP-500M」も発表した。

 同製品は、ディスプレイ部とメディアレシーバー部を分離したプラズマテレビ。レシーバー部に地上/BS/110度CSデジタルのチューナーを2基搭載する。

KUROブランドで画質と音質の向上を図った新モデルとなる。KUROブランドならではの黒輝度を、2007年10月発売の従来モデル「PDP-6010HD」「同5010HD」よりも約1/5にまで低減。より黒を沈み込ませることによって、コントラストが増し先鋭感や奥行き感のある映像を演出する。シネスコサイズの映画の再生時に見られる画面上下の黒帯が、ベゼルと同化するほどの黒を表現しているという。

 画質面ではさらに、外光反射を抑え鮮やかな映像を再生する「新ダイレクトカラーフィルター」を採用。外光反射と映り込みを大幅に低減し、明るいリビングなどでもシャープかつ黒の締まった色鮮やかな映像を生み出す。また、ノイズの低減やすっきりした映像表現を図る「高性能3次元I/P(インターレース/プログレッシブ)変換」や「ノイズリダクションシステム」、24コマの映画素材をより滑らかな映像で再現する「フィルム・スムース」機能など、よりリアリティのある映像を再現するフルデジタル画像処理回路となっている。

 音質面では、新開発の低歪率薄型カスタムコイルによって歪みを抑え、サウンドをよりクリアにする。また、新開発の高音質用薄型低インピーダンス電解コンデンサーにより、アンプの電源を安定化させることでノイズを抑え、中低域に音の厚みが生まれるという。さらに、同社のスピーカーシステム「EXシリーズ」や「TADドライバー」でも採用されている「コルゲーションエッジ構造」のユニットを同製品向けに新開発。低音再生のキレを高めているという。

 こうして高められた画質や音質をコンテンツや視聴環境に合わせる新「リビング」モード、入力信号をありのままに表現する新「ディレクター」モードをはじめほかにもさまざまな機能を装備している。そのほかのおもな仕様は以下のとおり。

●KRP-600A
・画面サイズ/アスペクト比:60V型/16:9
・消費電力(待機時):533W(0.3W)
・画素数:1,920×1,080ピクセル
・内蔵チューナー:地上/BS/110度CSデジタル×各2、地上アナログ、CATV
・インターフェース:HDMI×4/ミニD-sub15ピンコネクタ/LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX)など
・本体サイズ:幅1,677×高さ876×奥行き64mm(スピーカー取り付け時)
・重さ:54.0kg(スピーカー取り付け時)
・付属品:取付金具/スピーカーケーブルなど

●KRP-500A
・画面サイズ/アスペクト比:50V型/16:9
・消費電力(待機時):436W(0.3W)
・画素数:1,920×1,080ピクセル
・内蔵チューナー:地上/BS/110度CSデジタル×各2、地上アナログ、CATV
・インターフェース:HDMI×4/ミニD-sub15ピンコネクタ/LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX)など
・本体サイズ:幅1,399×高さ723×奥行き64mm(スピーカー取り付け時)
・重さ:34.9kg(スピーカー取り付け時)
・付属品:取付金具/スピーカーケーブルなど

 同時発表されたフルHDプラズマディスプレイ「KRP-500M」は、2008年6月に発売された60V型の「KRP-600M」に続くラインアップで50V型モデルとなる。発売時期は10月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は600,000円前後。おもな仕様は以下のとおり。

●KRP-500M
・画面サイズ/アスペクト比:50V型/16:9
・消費電力(待機時):389W(0.2W)
・画素数:1,920×1,080ピクセル
・インターフェース:HDMI×2/コンポーネント/ミニD-sub15ピンコネクタ/DVI-D24ピン/ステレオミニジャック/D-sub9ピンコネクタ/Ethernetなど
・サイズ:幅1,233×高さ723×奥行き64mm
・重さ:31.4kg
《近藤》

関連ニュース

特集

page top