RSAセキュリティ、富士通SSLと「RSA Access Manager」の販売代理店契約を締結 | RBB TODAY

RSAセキュリティ、富士通SSLと「RSA Access Manager」の販売代理店契約を締結

 RSAセキュリティは18日、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)とWebアクセス管理製品「RSA Access Manager(アールエスエー・アクセス・マネージャー)」の販売代理店契約を締結したと発表した。

エンタープライズ その他
 RSAセキュリティは18日、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)とWebアクセス管理製品「RSA Access Manager(アールエスエー・アクセス・マネージャー)」の販売代理店契約を締結したと発表した。

 「RSA Access Manager」は、ユーザー本人の所属や職責、職権と、会社が定める規則などの情報をもとに業務アプリケーションやポータルサイトへのアクセス権を適切に設定できるソリューション。アクセス管理の統制を自動化できるほか、規則を逸脱した行為を自動的に排除するなどのユーザ管理機能を持つ。富士通SSLは、「RSA Access Manager」の販売ならびに導入支援サービス、保守サポートの取り扱いを開始し、従来から販売されているワンタイム・パスワード製品「RSA SecurID」とセキュリティ・ソリューションの強化を図るとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top