最小本体サイズ、無線LAN/WPS搭載、最速起動0.7秒など——ニコン、コンパクトデジカメ「COOLPIX Sシリーズ」新製品 | RBB TODAY

最小本体サイズ、無線LAN/WPS搭載、最速起動0.7秒など——ニコン、コンパクトデジカメ「COOLPIX Sシリーズ」新製品

 ニコンは、コンパクトデジカメ「COOLPIX Sシリーズ」の新モデルとして「S710」「S610c」「S610」「S560」の4製品を発表。8月29日より順次発売する。価格はオープン。

IT・デジタル デジカメ
S710のディープレッド
  • S710のディープレッド
  • S610cのシルバー
  • S610のオーシャンブラック
  • S560のピンク
 ニコンは、コンパクトデジカメ「COOLPIX Sシリーズ」の新モデルとして「S710」「S610c」「S610」「S560」の4製品を発表。8月29日より順次発売する。価格はオープン。

 同4製品の共通仕様として、デザインモチーフにブリリアントエッジデザインを採用。機能面では、同社独自の画像処理コンセプト「EXPEED」と優れた描写力を持つ「NIKKORレンズ」により画質と色再現を向上させた。

 また、シリーズ共通で、カメラが被写体と被写体の状況を判断して、自動的に最適なシーンモードに設定する「おまかせシーンモード」。カメラが笑顔を検出し自動的にシャッターを切れる「笑顔撮影モード」。カメラが自動的に人の顔を認識してピントを合わせる「顔認識AF」を進化させ、顔認識速度を高速化するとともに、最大12人までの顔を認識でき、集合写真もキレイに撮影できる「顔認識AF 2.0」など、多彩な機能を備えている。

 さらに、手ブレを抑えた撮影を可能にする「イメージセンサーシフト方式手ブレ補正(VR)機能」を搭載。また、新開発のノイズリダクションアルゴリズムを採用しており、最高ISO感度での撮影時でも画素サイズが制限されず、薄暗い場所や動いている被写体でも、高画質でシャープな写真を撮影できるという。

 そのほかに、各製品の特徴や仕様は以下のとおり。

●COOLPIX S S710
 同シリーズで有効画素数が最大クラスの1,450万画素。また、1,400万画素クラスで世界最小レベルの本体サイズが特徴となる。

・有効画素数:1,450万画素
・ディスプレイ:3.0型液晶(反射防止コート/輝度調節機能付き)
・レンズ:光学3.6倍ズーム
・焦点距離:6.0〜21.6mm(35mm判換算/28〜101mm相当の撮影画角)
・絞り:F2.8〜5.6
・マクロ撮影:10cm
・ISO感度:100〜6400
・記録メディア:内蔵メモリ(約42MB)/SDメモリーカード
・バッテリ:リチウムイオン充電池(フル充電時最大約250枚撮影)
・カラー:アーバンブラック/ディープレッド
・本体サイズ/重さ:幅92.5×高さ57.5×奥行き24.0mm/155g
・予想実売価格:43,000円前後

●COOLPIX S610c(ワイヤレス搭載)/S610(ワイヤレス非搭載)
 光学式手ブレ補正機能や28mm(35mm判換算焦点距離)対応ズームレンズ搭載のコンパクトデジカメにおいて、起動時間が約0.7秒(同社調べ)という世界最速レベルの特徴を持つ。

 S610cは、ワイヤレス通信対応のコンパクトデジカメで、IEEE 802.11b/g規格に準拠した無線LAN(Wi-Fi)通信機能を内蔵。また、デジカメでは世界初として、セキュリティ設定をボタンひとつで行える「WPS(Wi-Fi Protected Setup)」機能を搭載。WPS対応の無線LANルーターやアクセスポイントの利用時には、無線LAN機器との接続とセキュリティー設定(暗号化)を簡単な操作で設定できる。

・有効画素数:1,000万画素
・ディスプレイ:3.0型液晶(反射防止コート/輝度調節機能付き)
・レンズ:光学4倍ズーム
・焦点距離:5.0〜20.0mm(35mm判換算/28〜112mm相当の撮影画角)
・絞り:F2.7〜5.8
・マクロ撮影:3cm
・ISO感度:100〜3200
・記録メディア:内蔵メモリ(約45MB)/SDメモリーカード
・バッテリ:リチウムイオン充電池(フル充電時最大約290枚撮影)
・カラー:S610cはシルバー、S610はオーシャンブラック/レッド
・本体サイズ/重さ:S610cは幅96.5×高さ57.0×奥行き22.5mm/130g。S610は幅94.×高さ57.0×奥行き22.5mm/125g
・予想実売価格:S610cは43,000円前後/S610は40,000円前後

●COOLPIX S560
 有効画素数1,000万画素クラス、光学式手ブレ補正や沈胴式光学5倍ズームレンズ搭載のコンパクトデジカメで、世界最小レベルの本体サイズが特徴。デジカメ初心者でも安心の機能を備え、撮影画像をカメラが自動分類・保存し再生できる「オート分類再生」、あらかじめ登録した画像だけを再生できる「お気に入り再生」機能を搭載する。

・有効画素数:1,000万画素
・ディスプレイ:2.7型液晶(反射防止コート/輝度調節機能付き)
・レンズ:光学5倍ズーム
・焦点距離:6.3〜31.5mm(35mm判換算/34.8〜174mm相当の撮影画角)
・絞り:F3.5〜5.6
・マクロ撮影:10cm
・ISO感度:100〜3200
・記録メディア:内蔵メモリ(約44MB)/SDメモリーカード
・バッテリ:リチウムイオン充電池(フル充電時最大約160枚撮影)
・カラー:シルバー/ピンク
・本体サイズ/重さ:幅93.0×高さ54.5×奥行き23.5mm/130g
・予想実売価格:35,000円前後
《近藤》

関連ニュース

特集

page top