松下、「パナソニック」への社名変更が正式決定——定時株主総会で承認 | RBB TODAY

松下、「パナソニック」への社名変更が正式決定——定時株主総会で承認

 松下電器産業は26日、本日開催の第101回定時株主総会において、10月1日付で社名を「パナソニック株式会社」(英文表記:Panasonic Corporation)に変更することを了承したと発表。

IT・デジタル ノートPC
変更の詳細表
  • 変更の詳細表
 松下電器産業は26日、本日開催の第101回定時株主総会において、10月1日付で社名を「パナソニック株式会社」(英文表記:Panasonic Corporation)に変更することを了承したと発表。グループ内の「松下」「ナショナル」を冠する企業名の変更ついても各社株主総会で同様に承認され、同日付で「パナソニック」を冠する社名に変更される。

 また、国内における「National」から「Panasonic」へのブランド統一は、今年10月1日以降の切り替え予定を前倒しでスタートさせ、2009年度中をめどに完了するという。

 同社は、1918年に松下電気器具製作所を設立・創業。松下電器製作所を経て、現在の松下電器産業株式会社の社名となり、National、Panasonicなどのブランドを掲げて事業を展開してきた。2003年にはPanasonicをグローバルブランドと位置づけ、「Panasonic ideas for life」をブランドスローガンに掲げている。

 創業90周年の節目を迎える今年、社名変更とブランド統一を実施することで、これまで「松下」「National」「Panasonic」の3つに分散して蓄積してきたグループの活動成果を、今後は「Panasonic」の名のもとに集結。全世界でグループ一丸となって経営理念の実践に取り組み、ブランド価値を高め、グローバルエクセレンスへの飛躍を目指していくという。

 主なグループ会社の社名変更の詳細は以下のとおり
《近藤》

関連ニュース

特集

page top