【フォトレポート】WILLCOM D4の実機写真——クレードルでカメラモード起動してみる | RBB TODAY

【フォトレポート】WILLCOM D4の実機写真——クレードルでカメラモード起動してみる

エンタープライズ モバイルBIZ

WILLCOM D4、ハンドセット、クレードル
  • WILLCOM D4、ハンドセット、クレードル
  • キーボードをスライドさせた状態
  • クレードルの背面
  • 本体側面:W-SIMスロット
  • カメラの設置場所。スライドさせた画面の後ろ側にある
  • クレードルに設置して、どのように映るか試してみた
  • スタイラスペン
 7月11日発売予定のウィルコムのモバイルPC型端末「WILLCOM D4」の実機の写真をお見せしよう。

 まず本体をクレードルに設置したところ。本体のキーボードは閉じている状態だ。左隣りにあるのはPHSによる音声通話用のハンドセットとそのクレードルだ。USBケーブルにて本体クレードルと接続する。

 次に本体のキーボードをスライドさせた状態。W-ZERO3ユーザーにはあまり違和感はないが、テーブルやひざにおいてブラインドタッチをするよりは、両手で持ちながら親指などで入力するほうが使いやすかった。

 クレードルの背面はUSBコネクタ、RJ-45コネクタ、ACアダプタプラグ、モニタ用DSUBコネクタなどが並ぶ。

 本体向かって左側側面にW-SIMカードのスロットとマイクロSDのスロットが並ぶ。写真で上側がW-SIMのスロットだ。

 キーボードをスライドさせると画面の裏側にカメラが設置されている。カメラモードにすれば、そのまま撮影できる。

 本体右上にはワンセグ用のアンテナが収納されており、そのすぐ近くにスタイラスペンが収納されている。ペンは伸縮式で写真は伸ばしたところ。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top