富士通、映像データやリッチコンテンツを高速、かつセキュアに配信できるサービス2製品 | RBB TODAY

富士通、映像データやリッチコンテンツを高速、かつセキュアに配信できるサービス2製品

 富士通は19日、映像配信サービス「FENICS IPビデオ配信サービス」、および「FENICS Web高速配信サービス」を発売した。

エンタープライズ その他
FENICS IPビデオ配信サービスの概念図
  • FENICS IPビデオ配信サービスの概念図
 富士通は19日、映像配信サービス「FENICS IPビデオ配信サービス」、および「FENICS Web高速配信サービス」を発売した。月額料金はそれぞれ20万円から、60万円から(いずれも税別)。出荷は即日開始される。

 FENICS IPビデオ配信サービスは、H.264に同社独自の圧縮技術をくわえることで、映画やテレビ番組などの大容量映像データをインターネット環境で高速配信するとともに、著作権保護技術を採用したデータ保護機能を実装し、セキュアな映像データ管理を可能とするもの。同社のデータセンターを活用したSaaS型サービスなので、映像配信事業者は、映像データの圧縮や登録、配信する設備が不要となっている。

 FENICS Web高速配信サービスは、アカマイがグローバルに配置するサーバを活用し、エンドユーザーから最も近いルート選択、パケットロスの少ないネットワーク環境を提供することで、リッチなコンテンツを保有するWebサイトの安定した高速配信を実現するというもの。動画、高解像度画像、音声、Flashなどのリッチコンテンツを構成管理しながら高速配信できる。

 同社では、2011年度末までに30億円の売り上げを目指すとしている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top