京セラのiBurstベース技術、IEEE802.20規格として正式承認 | RBB TODAY

京セラのiBurstベース技術、IEEE802.20規格として正式承認

エンタープライズ その他

 京セラは12日(米国時間)、同社がIEEE802.20規格の標準化活動で提案をしていたモバイルブロードバンドシステム「iBurst」をベースとした技術が、IEEEにて開催された標準化役員会においてIEEE802.20規格として正式承認されたと発表した。

 今回正式承認された技術は、現行のiBurstシステムに高速モジュレーション、マルチキャスト、AESの機能などを拡張したもので、現行のiBurstとの互換性を保持している。現行iBurstの主な特徴は、周波数利用効率が高いため、狭い帯域でもシステム構築が可能、100km/hでも通信可能なスムースなハンドオーバーによる高い高速移動性、VoIPサービスへの適合性、1ユーザーあたり最大2Mbps(ダウンリンク)のデータ通信、オールIPベースのシンプルなネットワークなどが挙げられる。

 iBurstは、オーストラリア、アゼルバイジャン、カナダ、ガーナ、ケニヤ、レバノン、マレーシア、ノルウェー、南アフリカ、タンザニア、アメリカの海外11カ国で商用導入されていて、さらに10カ国以上で導入する計画が進んでいる。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top