ヤマハ、軽量コンパクトなボディに長時間駆動と高音質録音を両立したポケットレコーダー | RBB TODAY

ヤマハ、軽量コンパクトなボディに長時間駆動と高音質録音を両立したポケットレコーダー

 ヤマハは17日、ピアノや管楽器のレッスン、バンドやアンサンブルなどの練習にも最適なポケットレコーダー「POCKETRAK CX」を発表。8月下旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。

IT・デジタル その他
POCKETRAK CX
  • POCKETRAK CX
 ヤマハは17日、ピアノや管楽器のレッスン、バンドやアンサンブルなどの練習にも最適なポケットレコーダー「POCKETRAK CX」を発表。8月下旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は40,000円前後。

 大口径・高感度の90度X-Y型指向性マイクを搭載している点が大きな特徴。左右の音を広範囲にカバーしつつ奥行きや定位感に優れた自然なステレオ録音を実現。また、マイク位置にも配慮し、振動や風切り音を排除。高い集音性とクリアな音質を生み出している。

 録音においても、CD/DVDクオリティのWAVフォーマットと、ウェブやメールでも利用しやすいMP3フォーマットに対応。本体に5バンドグラフィックイコライザーやローカットフィルターを搭載するほか、高度な録音が行えるマニュアルレベル調整機能、選択可能な自動レベル録音機能、過大入力を制御するピークリミッター機能など、多彩な機能を備えている。

 機能が充実しつつもボディは、重さ92g、厚さ17.5mmと、ストレート型携帯電話なみに軽量コンパクト。単3形電池1本のバッテリで、デジタル録音(リニアPCM)時に約22時間の連続駆動が可能。また、2GBのmicroSDメモリカードを同梱し、リニアPCMで約3時間、MP3フォーマットで約139時間の長時間録音を実現している。

 おもな仕様は以下のとおり。

●ポケットレコーダー「POCKETRAK CX」
・記憶媒体:microSD/ microSDHCカード
・バッテリ:単3形乾電池×1または単3形エネループ充電池×1
・インターフェイス:ヘッドホン端子(ステレオミニφ3.5mm)×1、外部ステレオマイク端子(ステレオミニφ3.5mm、ライン入力端子兼用)×1、microSDカードスロット端子×1
・対応OS:Windows Vista/XP、Mac OS X 10.4/10.5
・本体サイズ:幅46.5×高さ129.5×奥行き17.5mm
・重さ:92g(電池含む)
・付属品:ステレオイヤホン、USB接続ケーブル、単3形eneloop充電池、ウィンドスクリーン、2GB microSDカード、専用にカスタマイズされたDAWソフト「Cubase AI4」のDVD、キャリングポーチ、マイクスタンドアダプターなど
《近藤》

関連ニュース

特集

page top