インフォマニア、米Cloudmarkのスパム検知エンジンを使ったメールセキュリティサービス | RBB TODAY

インフォマニア、米Cloudmarkのスパム検知エンジンを使ったメールセキュリティサービス

 インフォマニアは16日、米Cloudmarkのスパム検知エンジン「Cloudmark Authority」を搭載したメールセキュリティサービス「ANSWRE」の提供を開始した。年間ライセンス料は1アカウント3,000円。

エンタープライズ その他
 インフォマニアは16日、米Cloudmarkのスパム検知エンジン「Cloudmark Authority」を搭載したメールセキュリティサービス「ANSWRE」の提供を開始した。年間ライセンス料は1アカウント3,000円。

ANSWREは、POP接続を中継することでスパム、ウィルス、フィッシングメールを駆除できるというもの。国内大手ISPに採用されているCloudmarkのフィルタリングサービスとほぼ同じ機能を持ち、ユーザーはメールソフトの簡単な設定変更のみで利用できるため、現在利用しているISPやメールアドレスを一切変更することなく利用できるのが特徴だ。

Cloudmarkの創設者は、世界的に利用されているスパムフィルタ「SpamAssassin」プロジェクトの主要メンバーのひとりで、ANSWREはSpamAssassinをベースとした独自のアルゴリズムとルールセットによるスパムのフィンガープリント(特徴)を検出するものだ。また、スパムのフィルタリングに使われる監視ネットワークは、センドメールや大手ISPなどCloudmarkのサービスを利用している登録ユーザーのネットワークでCNFS(Cloudmark Network Feedback System)と呼ばれ、スパム情報をスパム検索エンジンに45秒ごとにフィードバックが行われている。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top