総務省、「情報通信の安心安全な利用のための標語」受賞10作品を発表 | RBB TODAY

総務省、「情報通信の安心安全な利用のための標語」受賞10作品を発表

 総務省は9日、「情報通信における安心安全推進協議会」が募集した「情報通信の安心安全な利用のための標語」において、兵庫県の高校2年生、石井咲希さんの作品が総務大臣賞を受賞したと発表した。

ブロードバンド その他
 総務省は9日、「情報通信における安心安全推進協議会」が募集した「情報通信の安心安全な利用のための標語」において、兵庫県の高校2年生、石井咲希さんの作品『考えよう 相手の気持ちを ネットでも』が総務大臣賞を受賞したと発表した。

 「情報通信の安心安全な利用のための標語」は、初心者を含む情報通信利用者が情報通信を安心・安全に利用するためのルールやマナー、情報セキュリティに関する意識や知識の重要性に気づき、考えるきっかけとすることを目的として、「情報通信における安心安全推進協議会」が今年初めて実施したもの。2007年12月14日から2008年2月29日まで募集が行われ、合計3,250点の応募の中から総務大臣賞1点、協議会長賞3点[児童部門(小学生)1点、生徒部門(中高生)1点、一般部門1点]、佳作6点が決定された。選ばれた10点の標語は広報・啓発ポスターをはじめ、中央及び全国各地で実施される各種啓発事業・行事などにおいて幅広く活用される。

 選ばれた作品は以下の通り。

<総務大臣賞>
“考えよう 相手の気持ちを ネットでも”
石井咲希(兵庫県・私立賢明女子学院高等学校)

<協議会長賞>
■児童部門
“迷ったら 必ず聞くよ パパママに”
長谷川綾乃(愛知県・市立市木小学校)

■生徒部門
“全世界 つながるネット マナーを守ろう”
魚井麻未(兵庫県・私立賢明女子学院高等学校)

■一般部門
“セキュリティ 自宅もネットも 同じです”
地原伸裕(東京都)
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top