ソニー、登山やハイキングに便利な周辺ラジオ放送局を簡単選局できる「山ラジオ」 | RBB TODAY

ソニー、登山やハイキングに便利な周辺ラジオ放送局を簡単選局できる「山ラジオ」

IT・デジタル その他

ICF-R100MT
  • ICF-R100MT
  • 多機能ジャケットケース
  • リュック着用イメージ
 ソニーは4日、山の名前から周辺の放送局を簡単に選局できる登山/ハイキング向けFM/AMラジオ「ICF-R100MT」を発表。7月10日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は12,000円前後。

 同製品は、山周辺のAM放送局を簡単に選局できる「山エリアコール」を搭載する名刺サイズのラジオ。人気のある全国117の山を20エリアに分類した山エリア一覧カードを付属。山の名前でエリア番号を確認し本体に設定するだけで、近隣の放送局の周波数が「一発選局ボタン」にプリセットされる。プリセット後は、同ボタンで放送局を選択。受信しづらい場合は、ジョグレバーで周辺の中継局を選局するだけの簡単操作だ。

 衝撃/キズ/ホコリからラジオ本体を保護する多機能ジャケットケースを付属。山エリア一覧カードや別売りの予備電池を収納でき、リュックなどのショルダーベルトに装着できる。本体をケースに入れたままイヤーレシーバーでラジオを聴けるほか、ケースを開いて選局/音量調整/イヤーレシーバーの巻き取りなどの基本操作も可能。また、日常生活で使用できるキャリングケースも付属する。

 バックライト付大型液晶と内蔵スピーカーを搭載。受信可能周波数は、FM 76.0〜108.0MHz、AM 531〜1710kHz。バッテリは単4形電池1本。バッテリ持続時間は、イヤーレシーバー使用時がFM 40時間/AM 72時間、スピーカー使用時がFM 15時間/AM 17時間。本体サイズは幅58.3×高さ91.7×奥行き15.1mm。重さは72g。
《近藤》

関連ニュース

特集

page top